河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本広報学会第20回研究発表大会

日本広報学会第20回研究発表大会@東海大学熊本キャンパス。今日は研究発表と司会。
私はシティプロモーションにおける差別的優位性を実現するための地域魅力創造サイクルについて発表。
それはともかく、いくつか興味を惹く発表がありました。

北海道大学の野口政輝さんの発表は、シビックプライドの向上が、地方政治への批判的参画であるシビックパワーを高め、それによって統治の合理性を強めるという内容。
ここに自治体Facebookかどのように働くかという議論です。
シビックプライドが地域への参画意欲と相関があることは、私の調査で既に確認済みであることを合わせれば、なかなか面白いものになりそうです。

早稲田大学の野口美都さんの発表は、行政と連携したフリーペーパーが積極的に働くことで、地域への経済効果や評判向上に役立ってるという内容。
また、東亜大学の李さんは、インバウンドおいて、地域の「祭」が参加可能性を高めることで訪問客満足度を高めるとともに、祭を行う地域側にも祭の意義確認の機会を与えると。
いずれもゼミの学生研究にもヒントになる内容でした。

伊藤園の笹谷さんからは、私の質問に答えて、インターナルコミュニケーションにおいてもターゲティングが必要なことを再確認していただきました。

ポスター展示の説明員としても立ったのですが、公共コミュニケーションでの人材育成について、名古屋大学の中村さん、クロスメディアコミュニケーションの秋山さんから、成果の評価手法について示唆を受けました。使えそうです。
その他、書ききれませんが、やはり学会は知的刺激に満ちております。

という一方で、水前寺成趣園(回遊式庭園としては流石であります)や小泉八雲旧宅(松江の旧宅ととてもよく似ている)、熊本市現代美術館での天野喜孝展(過剰・混沌に見えて、主人公の感情が常に冷えている印象)など、ぼちぼち、熊本も堪能いたしました。
  1. 2014/10/19(日) 19:32:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ゼミの皆さま ありがとう | ホーム | 蒲島知事とくまモン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1062-2a528596

河井孝仁

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。