河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

静岡空港

10590519_755614601147501_1395002877262370446_n.jpg
空港をインフラとしてだけではなく、メディアとして捉えることが必要なんだろうな。

ゼミ合宿でした。
島田市山村交流センターささま。研究発表のUstream配信、BBQ、花火、温泉、機関車トーマス、島田市鍋島地区のブランド化支援、蓬莱橋。
ゼミ生は、島田市広報課さんやまちづくり会社さんのアテンドで多くの体験ができたと思います。感謝。

その一環として、静岡空港にも訪問しました。
各種努力をされてはいるのでしょうが。
トータルとしてのデザインの発想がありません。ただ、施設ということにとどまっている部分があると考えました。

静岡空港、静岡県、島田市のブランドをどのように伝え、訪問者の欲望を作り出せるのか。

空港を訪れる方の「シーン」を意識してデザインになっているのか。
今回が初めての海外旅行かもしれない。リゾートへの旅たちもある。いや仕事に向かうにしても、何処かに気負いはある。

そうした人々が空港に向かうに連れて、どのように気持ちが盛り上がって来るのか。

そうした個々に顔を持つ人々の空港を利用するシーンへの想像力のない、空港の「利用者」としてしか考えられないのでは、デザインの発想が生まれないのも当然だと思います。

歪んだままのディスプレイ、養生テープでケースに貼られた「触らないでください」の注意書き、静岡空港にとって大事な財産なはずの富士山と茶畑の美しい大判ディスプレイに無造作に貼られた別のポスター、なぜか使用禁止と貼り紙されたまま置かれている木造ベンチ。

もちろん、空港に来た人々の旅へのワクワクした印象のある手書き投稿の紹介など、素敵な試みもあります。

空港をインフラにとどめずメディアとして捉える。
それによって搭乗率とは異なる成果指標もあり得るのだろうと思います。

今日は島田市の空港関係者の方も、私やゼミ生の稚拙な意見を一生懸命にメモをしながら聞いてくれました。
ありがとうございます。
素敵な空港になることを期待しています。
  1. 2014/08/08(金) 13:11:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<森のNight Cafe | ホーム | 能勢町>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1015-0f59af93

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。