河井孝仁のシティプロモーション日記とか

ヴェブレン

 日本経済新聞の「やさしい経済学」で宇沢弘文の「社会的共通資本の時代」がはじまった。5日付けでは、ソースティン・ヴェブレンの「制度主義」を紹介し、「一つの普遍的な、統一された原理から論理的に演繹された」経済制度は私たちの求めているものではないと確言する。
 普遍という魅惑の罠からどう逃れるのか。学とか知とかに関わろうとする人間は、この罠をどのように逃れたかで、その深さが測られるのかもしれない。
 「歴史的経路依存性」という言葉が連想される。私がやっと、この言葉に出会ったのは修士課程の時。そこから得たものは多い。
 社会的共通資本とソーシャル・キャピタルの関係についても興味深い。含む含まれるの関係か、生成の関係か。
 日経の記事配置としては宇沢の下欄にある「ゼミナール 産業文化力が拓く」(スタンフォード日本センター)とともに、今後に期待したい連載だ。
  1. 2005/01/06(木) 23:31:38|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<安城 | ホーム | 電子会議室は「一つ」の仕掛け>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/100-8e323abd

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search