FC2ブログ

河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

年寄りが、まちで、にこやかに、しなやかに

「年寄りが、まちで、にこやかに、しなやかに『俺は昔は偉かったんだ』とか言わずに(^_^;)動く。動きたいと思う。自分より年少のものに触発され、学び、楽しみつつ動き、まちを元気にする要素になる。そういう『まちの仕掛け』が大事だよなあ」と仕事では言ってるし、そう思ってるけど。
そういう場合も、少なくとも自分については、常に「撤退戦」を意識しつつ。他者に「余地を残す」ことが、なかなかに必要だなあなどと独りごちております。

昨日は、東京・麻布台という、私なぞには縁のないところで、若き友人の結婚式に参列いたしました。
前途に栄えあれです。

と言いつつ、この歳で、わかる人にはわかる、これじゃカッコつかないなあという状況にも追い込まれたわけですが。いささか致し方ない状況がありまして、お許しいただけると嬉しく。ま、ぼちぼち。

写真は、披露宴で楽しいスピーチをされた、それこそ、これからの世界でさらに活躍してほしい藤代さんの投稿からパクっております。

参列の後、有楽町へ。
映画「スターリンの葬送狂想曲」を見てきました。館内に笑いが絶えませんでしたが、後半20分近くは笑いもなくなり、私も恐ろしさと向かい合う作品になりました。

これが、65年前の他の国で起きたことのカリカルチュアだとして終わることができるのか。
マルクスさんは「歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として。」と言ったそうだが。三度目はとてつもない悲劇になるんじゃないか、なりかけているんじゃないか、なっているんじゃないかとも思わせる。
そんな時間でもありました。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/06(月) 17:18:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。