FC2ブログ

河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まぁ、楽しんでるよ

遊びはそこそこだけど、まぁ、楽しんでるよ。

金曜日は、東京・品川。
リサーチアシスタントをパートタイマーで頼もうかなと思っている方と、ランチミーティング。経理的なこととかアポ対応とかを、外部化できると、私が研究や実践に直接繋がることに集中できて、成果も上がるはず。とはいえ、薄謝しか出せないので(^_^;)、それはそれでどうなのとも。

その後に東京・青山
明治神宮野球場でタイガース戦。ビールとハイボールの力で、だいぶ盛り上がったな。ハイボールの売り子さんにもお気に入りができたことだし。

東海道新幹線でいったん帰宅。静岡・浜松。
翌日は台風襲来日。襲来直前に大阪へ。台風に追いつかれないように西へ向かうってことで。

なんとか逃げ切り、近鉄アーバンライナーで大阪・日本橋(にっぽんばし)の国立文楽劇場。
新版歌祭文・野崎村と日本振袖始。
初の国立文楽劇場!楽しめた。上方らしい笑いをきっちり取りに来る芝居。
日本振袖始は東京の国立劇場で歌舞伎、中村時蔵の磐長姫がよかったんだけど、文楽はまた違う魅力。

日曜。大阪・淀屋橋の宿で、共創参画プロモーションのプロトタイプパワーポイントをブラッシュアップ。

その後に大阪府内市町村職員がマッセOSAKAの支援を受けて行う研究会に参加。大阪・豊中。
改めて、共創参画プロモーションについて提起し、議論。mGAPによる定量化についても頑なに考えず、それぞれで扱いやすい形でいいんじゃないかななども。
で、懇親会でなかなかに飲む(^^)

東海道新幹線でこの日も帰宅。よく帰ってるな。
月曜日。朝、愛知県と山口県市議会議長会向けの研修資料作成。

横浜・日本大通りへ。編著の分担執筆者の方と意見交換。それ以外にもいくつか打ち合わせ。
そのまま、神奈川県住宅供給公社で、若葉台団地の地域プロモーション・ワークについて詰め。
東海大学・地域魅惑グループの学生にタスクを振って、成長してもらおうという場にもする。

その後、新横浜へ。これからの日本の「ローカル」、つまり最も重要な部分を理論と実践で支えるだろう若き畏友と議論。楽しき。

新幹線で静岡・菊川へ。
ブランド・ツアー構築ワークの最終回。

魅力の過剰発散→ペルソナ設定→差別的優位性のあるライフスタイル・ストーリー作成→

ここから、ライフスタイルブックやブランドメッセージに行かずに、まちの魅力をペルソナが担うツアーを構築する試み。
これが期待以上に成果が上がった。

例えばライフスタイルブックの付録としてブランドツアーを備えるみたいなことも考えられるな。

ま、金曜日から月曜日にかけてとしては、そこそこ遊んで、そこそこオシゴトしたのかな。

スポンサーサイト
  1. 2018/07/30(月) 17:21:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

埼玉県某市で行われた某セクターの「研修会」と名前のついた講演会

午前に立川市のシティプロモーション戦略構築へのアドバイス業務。

これで3回目の面談だが、草稿が着実に進展し、議論しても、担当者さんの意欲と理解力が伝わる。
私が申し上げるのが「唯一解」ではないことはもちろんだが、「なぜ」という意識を持って意見交換できることが楽しい。

その後に埼玉県某市で行われた某セクターの「研修会」と名前のついた講演会で喋る。
いや〜、私が至らぬせいかと(^_^;)

市長は全て聴かれて、的確なコメントをFacebookに書かれているご様子。
ありがたく。
  1. 2018/07/26(木) 17:22:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぁ、気楽にぼちぼち動いている。

金曜日。東京・半蔵門の国立劇場伝統芸能情報館で「悪を演る」展を見る。学びになり、かつ楽しき。
そのまま、大劇場で歌舞伎鑑賞教室「日本振袖始―八岐大蛇と素戔嗚尊―」。
時蔵が頑張っていた。
親子鑑賞教室ということで、子供たちの声も響く、普段とは異なる雰囲気も、舞台は充実。

その後に東京・外苑前の明治神宮野球場にて、スワローズを観戦。途中まではハラハラさせるが、結局は完勝。
声を積極的に出して健康にもいいんじゃないか。(^_^;)

土曜日。
東京・水道橋、東京ドームで都市対抗野球。

その後に、可能性が高くなってきた出版企画『顔パネとアイドルは地域メディアの夢を見るか』(仮)執筆陣打合せ@東京・御茶ノ水。
この書籍は単なる分担執筆にはしないつもり。

各執筆者にはリスペクトしつつ、編者である河井の強烈な個性を前提に横串を刺していく。
各章への、河井による「解説」が鍵になるはず。新しい作り方なのでとても期待している。

同じパターンというか、こちらは出版社編集者の個性を尊重したものをもう1冊。
さらに、こちらは共創参画プロモーション、その一環としての定量評価の重要性とペルソナ・ストーリーを強調した単著+アルファをさらにもう1冊と目論んでいる。
各出版社編集者からは好意的なリプライはあり。はてさて。

このあたり、世話してる学生にも積極的に関わらせることでスキルアップも狙う。

一旦、深夜に浜松の自宅帰宅。

翌朝、名古屋・中部国際からANAで福岡。福岡・天神の福岡県立美術館でコレクション展鑑賞。
未知の作家たちを多く知る。
松本英一郎の「さくら・うし」など佳作を楽しむ。

福岡からANAで五島福江へ。落雷で福岡空港の滑走路が剥がれるなか、なんとか数時間遅れで福江着。

月曜は、五島市の意欲ある職員向けの広報戦略研修。9:30-15:30。講義とワークでしっかり。
意欲というベースがあれば、十分に身になったんじゃないか。
研修後、平野さんと意見交換。17時過ぎまで。意義あり。
最終の航空便で五島福江からANAで福岡へ。

福岡でホテル入り後に、「ジュラシックワールド 炎の王国」の深夜上映を鑑賞。博多駅ビルの映画館に。
エンタメ映画としては十分なのでは。

今朝、福岡空港からANAで大阪伊丹。

まず大阪・肥後橋近くの中之島香雪美術館へ。
村田龍平のコレクションによる茶道具の展覧会。
実際に行われた茶事をモチーフにしていることが興味深い。堪能。

その後に、堺筋本町で大阪府町村議会議長研修会。「地域資源の見つけかた-見つけて活かそう地域の魅力- 共創参画プロモーション」という講演。
まぁ、刺さる議員さんには刺さったんじゃないかな。

その後に、神戸市の職員さんから面談ご依頼があり、意見交換。
シティプロモーションと広報戦略。
参考になれば嬉しく。

暑中、大阪伊丹空港へ。ANAで羽田。その足で、そのまま宇都宮に向かう。
明日は朝から宇都宮で仕事。

この間、神宮球場でビールとジムビームのロック。東京ドームでビールと山崎12年ストレート。 執筆打合せ後に東京・小川町で懇親。ビールとハイボール。空港ラウンジでウイスキーROYALロック、ウイスキーROYALロック、映画館でビール、飛行機でスパーリングに白ワイン、ホテルでハイボール。
ひたすら、飲み続けている気がする。

まぁ、気楽にぼちぼち動いている。
  1. 2018/07/24(火) 17:24:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

正しい記述ですが、誤解を招くといけない

今日はホテルでデスクワークを終えた後に、11時前にはエアコンの効いた気持ちのよい場所へ。
前から行こうと思ってたので、思いきって。

中は外の暑さから比べれば別天地だ。

ステージでは、短いスカートの女性たちが生演奏のさまざまな音楽に合わせ、美しく、あるいは激しく踊っている。

ビールでも飲もうと右手を軽くあげると、これも長い脚を見せた若い女性が近づいて、笑顔で跪き「今日はまだしばらくいらっしゃるんですか。また後でも呼んでくださいね」と言いながら、注いでくれる。

私は彼女にうなづきながら、目の前で繰り広げられているパフォーマンスをゆっくりと見やる。それぞれに合わせた道具を用いて、日常ではない姿勢で真剣に取り組む身体はいつ見ても美しい。

そのうち、ステージのダンスが替わり、別の女性たちが踊りだす。
気づくと別のステージでも、しなやかな女性と逞しい男性が舞っている。

ウイスキーもいいな。近くをにこやかに通り過ぎようとする女性の持つウイスキーを指差し「それを」と頼むと、女性が近づいてきて「ロックにされますか」と尋ねる。私が「ストレートで」と言うと、女性は山崎12年を注いで「ありがとうございます」と膝を折って渡してくれる。

音楽はジャズのアレンジかな。

席をいったん外し、戻る際には、アドミッションコントロールの男性が目顔で、軽く会釈してくる。

ステージはショーに変わっているのか。女性たちがアクロバティックな容姿を見せている。時々、そうした姿に、若い男性が絡む。

以上は正しい記述ですが、誤解を招くといけないので、少しわかりやすく書き直します。

今日はホテルでデスクワークを終えた後に、11時前には東京ドームへ。都市対抗野球の二回戦を観戦。

ドームの中は、外の暑さから比べれば別天地だ。

ベンチ上に作られた特設ステージでは、チアガールたちが、ブラスバンドの生演奏の音楽に合わせ、美しく、あるいは激しく踊っている。

生ビールでも飲もうと右手を軽くあげると、各ビールごとの揃いのユニフォームを着た売り子さんが近づいて、笑顔で、他のお客さんの視界を妨げないように跪き「今日はまだしばらく観戦ですか。また後でも呼んでくださいね〜」と言いながら、背中の生ビールサーバーからビールを注いでくれる。

私は彼女にうなづきながら、目の前で繰り広げられているセガサミーvsJR四国のゲームをゆっくりと見やる。ボールにバットとグラブを用いて、真剣に野球する姿はいつみても美しい。

そのうち、得点が入ったことで、特設応援ステージのダンスが替わり、別の女性チアたちが踊りだす。
気づくと三塁側の応援ステージでも、女性チアと男性応援団が舞っている。

ウイスキーもいいな。近くをにこやかに通り過ぎようとする売り子さんの持つウイスキーを指差し「それを」と頼むと、売り子さんが近づいてきて「ロックにされますか」と尋ねる。私が「ストレートで」と言うと、売り子さんは山崎12年を注いで「ありがとうございま〜す」と、これも観客の邪魔にならないように膝を折って渡してくれる。

応援の音楽はジャズのアレンジかな。

席をいったん外し、ホットドッグを買って戻る際には、入場管理の球場職員がチケットを目顔で確認し、「どうぞ」と軽く会釈してくる。

セガサミーのチャンスになって応援ステージはショーに変わっているのか。チアガールたちがアクロバティックな容姿を見せている。時々、そうした姿に、若い男性応援団が絡む。

ということで、東京ドームで行われた熱心な応援合戦のある都市対抗野球観戦は楽しかったです。

ここ二日ほどで言えば、これ以外にも国立劇場と明治神宮野球場で遊んで、ちょっと書籍出版絡みの仕事もしたんですが、また、それはぼちぼち書きます。
  1. 2018/07/21(土) 17:26:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いいことばっかり考えて幸せになることにした。

遊んでる。

金曜日は大相撲名古屋場所。この日から横綱鶴竜が休場とのこと。既に稀勢の里も白鵬も休んでいて横綱土俵入りもない。これだけでも入場料は相当安くしてもいいとおもう^^; しかも、前日まで全勝の新大関栃ノ心も目の前で黒星のうえに、指を痛め、翌日から休場になってしまう。

とはいえ、あたいは、案内してくれる出方さんに心付け渡しても意味なかったり、行事の軍配や印籠、根付に注目したり、声のいい行事の名前を呼んでみたり、呼び出しの立っつけ袴の腰に「鶴竜」の文字を見つけて「ここに居たのか」と呟いたり、やっぱりとても大きくて張りのある力士の背中を見たり、立ち合いでの力士の表情の鋭さを見て取ったりと楽しく過ごした。

打ち上げ後は、名駅に出て、名古屋の友人たちと数献。会話を楽しむ。

そういえば、仕事らしいこともした。
土曜日は経理的なデスクワークの後、「共創参画プロモーション -シティプロモーションをこえて- 」の、現状での原型パワーポイントを数時間かけて作成。だいぶ進化したんじゃないか。

この原型を利用して、土曜日の間に、栃木県広報研修、山口県広報研修、五島市ワークショップ、大阪府町村議会議長会シティプロモーション講演、埼玉県でのシティプロモーション講演の、パワーポイント資料を立て続けに作成。

今日は、実家の父親を訪ねて帰宅後に、単著または共著での新しい書籍について企画書作成。思ったより時間がかかった。3時間近いな。
ま、「『地方創生』というなら、シティプロモーションはそろそろ2.0に進化しないといけないんじゃないか」ぐらいのラノベ風タイトルにしたいが、通らないだろうなあ。とはいえ、ちょっと冒険した書籍にしたい気もある。

父親からの依頼に、うまい具合に対応できた。
軽く歪んでいたメガネを直すことができた。
ベンチャーのECサイトで買った個人用エアコン!がなかなかいい。
百円ショップで買った3つのアイテムがみんな正解。Amazonで買った常時携帯用折り畳み傘と、雨予想時の折り畳み傘の両方が悪くない。Bluetoothのイヤホンもまぁいいかな。ここ二、三週間で失くしたものを金で解決してやった(^^)
_| ̄|○

いいことばっかり考えて幸せになることにした。
  1. 2018/07/19(木) 17:27:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょっとだけしか遊んでない。

ちょっとだけしか遊んでない。
困ったもんだ。

東京・宝町にあるギャラリー「スペース繭」で、伊藤秀男の作品をいくつか見る。絵本を描くという作家らしい絵画が悪くない。ガラス絵を利用したボックスは、ジョゼフ・コーネルの箱の作品に惹かれる私にとって、触発されるものがあった。
画廊主なのかな、少し話もできて楽しく過ごせた。

月曜は学部授業2本に、大学院授業1本。加えてゼミナール。

火曜は品川のストリングスホテル東京インターコンチネンタルで、関東某市の担当者さんたちと、シティプロモーションの進捗管理について打合せ。業者さん主導ではなく、行政がしっかりした方向性を持つことをアドバイス。

同じ品川で友人とランチに牡蠣を食べる。季節外れながら美味しいものだ。

後に、宝町へ。
シティプロモーション・アドバイザーを務める足利市さんとの打合せ。流れに逆らってゴリ押しすることなどなく、流れを見て棹差しながら、緩やかな着地どころを提起し、確実に成果をつくるだけのロジックは貫いていく。上手に開くことで引き込み、期待の地平を作りだしていくことも大事。いい話し合いになった。
冒頭のギャラリはこの後の時間。

浜松帰宅。

翌日は再び大学へ。学科会議、教授会と会議日。合間に、出版社の編集者さんと。
未定ながら、発刊を目論んでいる「公務員のシゴト術」について意見交換。
ちょっとハードルはありそうだが可能性はなくもないのでは。

書籍って、著者のものじゃなく編集者のものだと、結構本気で思ってる。今まで、何冊か本も出したけど、やっぱり編集者さんが本気になって、構成や流れ、文言もきっちり意見してくれると、やっぱりいいものになる。編集者さんのイメージとしての書籍を、著者が手伝ってつくるぐらいが楽しい。

夕方から虎ノ門へ。WOMJメソッド委員会。インフルエンサー・マーケティングについて、ちょっと面白い議論になった。インフルエンスの強さと、批判される強さのパラレルに注目することで、ガイドラインに述べる関係性明示の意味が見えてくる。
議事録作成などの支援に入る、私が面倒を見てる学内プロジェクト「地域魅惑」の新メンバーもなかなかおもしろい奴で、嬉しい。

今日は、再び大学。学部授業2本にゼミナール。
プレゼンテーション基礎応用は、何人かの最終プレゼン。的確な身体表現と見やすいパワーポイントは当然ながら、ロジカルシンキング、並列型論理構成モデル、解説型論理構成モデル、4C分析、SWOT分析、ポジショニングマップ、フィッシュボーンチャート、ニーズとウォンツ、データ、データ、データ。このあたりが鍵かな。
早めに発表できて評価を得た学生に比べると、最終日は追い詰められてる学生が多いので今一つなものもあるが、ま、なんらかの基礎になれば。来年度はさらにブラッシュアップできそうで楽しみ。

行政広報論は最終レポート。少子高齢化、地域を担う力、地域経営、行政の可視化、地域魅力創造サイクル、共創エンジン、メディア活用戦略モデル、mGAP、以上8つのワードを用いて、履修した「行政広報論」という授業に、意義が有るか無いかを、理由をあげて述べよというもの。
読むのが楽しみ。全員が「意義が無い」として、その理由を述べていたら、なかなかに辛いが。

ゼミナールも春セメスター最終日。こちらは秋セメスターも継続履修し、研究継続を原則としているので、特段のメルクマールはないが、それぞれに進捗してる。
夏休みのゼミナール合宿。今年は趣向を変えてみた。学生幹事団ががんばってくれている。

しばらく研究室にも来ないので、ごく簡単に整理。で、浜松へ帰る。

仮の世、浮世で、ぽちぽち生きてますなあ。
  1. 2018/07/19(木) 17:26:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私の授業やゼミナールの単位

学生諸君。
私の授業やゼミナールの単位は「この単位がないと困ります。必要なんです。」という理由では付与されないのでよろしく。

今日は昼前に東京・青山で八王子市さんと打ち合わせ。
シティプロモーション関連のアドバイザーをご依頼いただくことになりそうだが、今後の展開について打ち合わせ。
ブランドメッセージ系のお話だったが、ライフスタイルブック系にも寄せながら考えたい。

その後に、出版社さんへ。懇意にしてもらってる編集者さんとご面談。
来年度に出したいと思っている、来年だけで3冊めの書籍について目論見など打ち合わせ。

その足で原宿へ。
浮世絵の専門美術館である太田記念美術館。『江戸の悪2』という展覧会。堪能。
歌舞伎との連携が強く、このところの歌舞伎観劇があるからこそ、ムフムフという部分も多く。

その後は明治神宮野球場。素人なので贅言しないが、キャッチャー問題なんじゃないのと思ってしまう
  1. 2018/07/11(水) 17:28:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

広い意味での「メンテナンス」を蔑ろにしてる

大前治さんの「自然災害大国の避難が『体育館生活』であることへの大きな違和感」という「現代ビジネス」への寄稿(リンクはコメント欄)が話題になっていますが、

この寄稿に触れた友人のエントリに書いたコメントを再記、展開すると、

この国は、全体に、広い意味での「メンテナンス」を蔑ろにしてる気がするんですよね。
新しく作ることが重視され、多様な意味でのメンテナンス・管理の発想が弱いような。

災害大国なのに木と紙の国だったからか、常に、まずはオジャンにして、新しいことを始めるのが習い性になってるんじゃないか。

だから、新しいことへの評価は高いのに後方支援は、なおざり。
これって『失敗の本質』で述べられてる、日本軍のインパール作戦もそうですよね。

で、そろそろ、流石に、とにかく始めちゃってメンテせずにオジャンにして、また新しく作るというのはまずかろうと。

ところが、ここに至って、メンテする力がこの国になくなってきている。まずもって人がいないし、新しく作ることに比べて褒められないし、褒められないことに慣れてる官の力も削ぎまくってきたし。

ということで、この後方支援、管理、メンテナンスを、(官の仕掛けで)、民主導で実現する。
その民の力=地域参画総量を分厚くするために、共創参画プロモーションが必要だってことになる。
ふふ。結局、我田引水です。

今日は9:30-16:30という一日がかりで岐阜県職員向けのメディア活用戦略研修ワークショップ。
きっちり型をつくって行うことで、ワークが放散せずに収束する。
今日は、放散させたい系の受講者さんがいたから、これが結構効いたかな。
  1. 2018/07/10(火) 17:29:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

公共コミュニケーション学会総会・パネルディスカッション

今日は東京・日比谷で公共コミュニケーション学会総会・パネルディスカッション。
西日本から東海にかけての豪雨被害のなか。総会挨拶は、犠牲者・被災者への思いを含めたものになってしまった。

学会の前に日比谷図書文化館での「大正モダーンズ 大正イマジュリテイと東京モダンデザイン」展を覗く。
非水、五葉、春江、夢二、清方、小林かいち、恩地孝四郎、雪岱、華宵、などなどが並ぶ。眼福。

学会パネルディスカッションは、会場巻き込みつつ、広報評価について議論。

定量的評価によるアカウンタビリティ・ロジックモデルと評価・「仮説としてのKPI」ゆえのKPIへの柔軟な対応の必要性・公共コミュニケーションにおけるKGIとは何か・長期短期広い狭いという4象限への注目と職掌による評価の違いまたは重なり・修正地域参画総量指標(mGAP)・評価と広聴・評価指標としてのSDGsへの注目など。

それなりに刺激のある議論になったのではないか。

銀座に繰り出した情報交換会。私は例によって大人しく振舞っていたことは写真からも明らかである。

その後にヒューマントラストシネマ有楽町に立ち寄り、イタリア映画『いつだってやめられる 7人の危険な教授たち』。
先日鑑賞した『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の前日譚。
ま、見ておいてよかったかな。

遡って土曜日。名古屋で、理事を務めるNPOパートナーシップ・サポートセンターの20年を振り返る会に参加。短いトーク。
懐かしい顔々。
私の研究生活の端緒となるNPOでもある。

この名古屋へ新幹線のぞみで向かう前は、東京・恵比寿でイタリアン。素敵な時間。気持ちが浮き立つことで、これからへの思いを再充填させる時間にもなる。

で、その前に青山の根津美術館で「はじめての古美術鑑賞 漆の装飾と技法」展。これもよかったけど、同時展覧の「茶道具の銘と和歌」がとてもいい内容。行ってよかった。

遡って金曜日。甲府市役所での職員向け「共創参画プロモーション-シティプロモーションをこえて-」のシミュレーションワークショップ。
ま、楽しんでもらえたんじゃないか。

特急かいじで品川へ戻った金曜夜は、ヴァイオレットカクテルを味わう。しかしながら、照明が暗くてパープルが冴えないという、なんだかなあ現象。会話はそれなりに楽しんだけど。

ところで、地域にとってのブランドとは何か。
今更ながらだが、それぞれの地域の魅力によって実現可能な、差別的優位性を持ったライフスタイルであることを明確化しなくては。

ライフスタイルである以上、それは人によって異なる。そのことを、それぞれの属性別に作られた何冊ものブランドブック=ライフスタイルブックによって表わす。

その上で、各ライフスタイルブックの統一サブタイトルとして、同一のブランドメッセージメインコピーを添える。その裏表紙にブランドメッセージボディコピーが記される。

ブランドをそのように構造的に捉えることが必要だろう。
  1. 2018/07/09(月) 17:31:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊んでさえいない。困ったもんだ。

遊んでさえいない。困ったもんだ。

月曜は神奈川県の弊学でプレゼンテーション基礎と行政広報論の授業、研究室でのゼミナール終了後に、東京都・六本木へ。
日本PR協会さんのお仕事に遅れて参加。
私のパートはさほどの議論もなく、とりあえずの賛同は得られて、よかったのかな。

品川シーサイド泊ははじめてのホテル。綺麗でした。

昨日は、シティプロモーション戦略へのアドバイザーのお仕事で立川市へ。
まぁ、口下手な私としては、なかなかに喋ったような気もする。方向性の明確化はできたと思うけど、どうなんかね。

その後、電車乗り継ぎ、埼玉県へ。さいたま新都心という、私にとっては奇妙な場所に行ってきた。
関東経済産業局なんだそうだ。

え〜と、コミュニティビジネス勉強会だったかな。講演。

「シティプロモーション×コミュニティビジネス -共創参画プロモーションの発想から行政が担う役割と実践へのヒントを探る」
タイトルが長いよ。自分で付けたんだけど。

このところ、講演依頼のオーダーは何であれ、共創参画プロモーションのブラッシュアップに活用しているわけだが、これも、その一環。
人聞きながら、聴講の皆さんの評判は悪くなかったようなので、まぁよかったか。

埼玉県から静岡県へ。あ、単なる帰宅。

今日は静岡県から山梨県へ。甲府市でブランドメッセージ作成のアドバイザーを頼まれたんで行ってきた。

往路列車内では、メールやメッセンジャーが活躍して、どかどかと仕事やら企画やら日程やらマネジ。

甲府市役所では、関連担当者5人との議論。人見知りでシャイな私としては、なんだか結構喋った。
例によって「で、どうなったら成功なんですか」からはじまって、にこやかに、言葉を連射してくわけだが。

どうなんだかわからんけど、それなりに腑に落ちた感はありそうだったから、仕事としては、一応こなせたんじゃないかなあ。

離庁後に甲府市内で友人女性とお茶。えへん。
いろいろとアイデア浮かぶ。いい時間。

で、日帰りなので、山梨県から再び身延線で静岡県へ。

ところで、先日の地域活性化センターのセミナー。島原さんの官能都市の話。
聴講者の皆さんの評判は良さげだったけど、正直言うと、聞いてた時はまったく面白くなかった。

でも、それは、私がランキングの話として聞いてたからなんだよね。おいおい、またランキングかよ。コンサル喜べ、みたいな。
が、その後のトークセッションを担当させてもらって、これが大変身。
どんどん面白くなってくわけだ。

ランキングの話じゃなくて、地域のヒートマップ、等高線についての話だよ、これは。って、やっと気づいたってこと。
この地域のどこが熱く、どこが高いのか。
それってつまり、ライフスタイルの差別的優位性の基礎になる話。
関係軸と活動軸って仰ってたけど、むしろ縦軸=標高を示す軸は無数にあって、それらの標高軸ごとにクラスタリングして、まちの等高線図が作れる。

私がしっくりくる等高線図と地域の等高線図を重ねて、もっとも適合性の高い「まち」を探す。なんてこともできる。

で、これは、前に考えていて、件の友人女性と目論んでいる「銀河計画」とも重なる内容だわなと。

まぁ、わかったような、わからんような話。
さてと。
  1. 2018/07/04(水) 17:33:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

W杯。日本代表の快勝

W杯。日本代表の快勝! を伝えるニュースに、つい、ガッツポーズしてしまった。(⌒-⌒; )
諦めてはいけませんなあ。




アジア・オセアニア予選から、二次予選進出を決めました。

ファジーカスと八村。
この二人が日本代表だというのが嬉しいよね。
ファジーカスがUSA出身。八村は父親がペナン国籍。
二人とも大活躍だった。

もちろんだけど、二人だけじゃなく、多くのチームメンバーの努力の賜物だと思う。

本戦でも結構やれるんじゃないかとまで思わせてくれる。

先日、シンガポールではサンウルブズも勝利。
私が見に行ったゲームでは惨敗で、一つも勝てないんじゃないかと思っていたぐらいだったのに、ここ4戦で3勝。

サンウルブズが日本国籍ではない多くの国からのプレーヤーでできているのも嬉しい。

ご贔屓のスポーツでのいいお知らせだな。
  1. 2018/07/03(火) 17:33:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デザイン思考で紡ぐ住民志向のシティプロモーション

昨日今日と東京・日本橋の地域活性化センターで「デザイン思考で紡ぐ住民志向のシティプロモーション」というセミナーに講師参加。

ま、いろいろと学びもあり。

その後に、銀座のヴァニラ画廊へ。
HN-悪・魔的-コレクション~evil devil~展
シリアル・キラー関連の展示がメインかな。
もともとヴァニラ画廊はその手が好きなわけだが。

さらに中野へ。
モルトバー・サウスパーク。オーナーの故二方治さんを偲ぶ会。
二方さんが最後に飲まれたという「駒ケ岳27年」を味わう。

その後に明治神宮野球場へ。
ま、敗戦ではあるが、楽しみもあり。これもスタジアムでの野球観戦の面白さ。
  1. 2018/07/01(日) 17:34:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。