河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日は掛川市へ

昨日は掛川市へ。
前回の幹部向けに続き、今回は実務担当者向けのシティプロモーション研修講演。
普段はなかなか無い自主的な質問もあり、素直に関心を表明してくれたのは嬉しい限り。
その後に掛川市のシティプロモーション戦略策定について、市役所担当者、知り合いの受託コンサル担当者とともにディスカッション。
今後の方向が見えてきたということで、よかったかな。
帰宅後は事務作業を坦々とこなしていく。

今日は大学へ。研究室で綾瀬市さんの訪問を受ける。今年、シティプロモーションに取り組むとのことで相談に応じる。
綾瀬市の場合は、
①自治体としての認知獲得、例えば企業との連携活用による「綾瀬市」周知
②庁内での理解を獲得し、事業部局の関与を高めるためのインターナルコミュニケーションを定義する内部指針策定
③綾瀬市を「語れる」場所とし、地域外ターゲットを明確化するための地域魅力創造サイクル実現、成果としてのブランドブック制作
④現状把握のための、綾瀬市の地域参画総量把握
の4つを並行して行なっていくことが重要ではと述べる。

午後はゼミナール。島田市での合宿における研究中間発表インターネット配信も視野に、研究の進展を図る。
その後、学生からの質問などに応じ、一段落した後には『失敗からひも解くシティプロモーション』(仮・旧『魔法の杖なのか』)の校正や、PRプランナー資格試験教科書の担当部分校正など。

前著『シティプロモーションでまちを変える』を読んだという、まったく知らない女子大生から「勉強になった、この点についての見解を問う」という趣旨の手紙が研究室に来ていたのは嬉しい限り。研究者冥利の一つだな。

さらに、第一法規出版の雑誌『自治実務セミナー』最新号で、なんと憧れの尼崎市長が、『シティプロモーションでまちを変える』の書評を執筆してくれたものを確認し、ニヤつく。
しかも好意的。
ええやん!
スポンサーサイト
  1. 2017/07/06(木) 23:09:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。