河井孝仁のシティプロモーション日記とか

声が出なくなった

声が出なくなった^^; orz
花粉症の悪化か、久しぶりに喋り過ぎか。
昨日は研究休暇のなかで出校日にしている水曜日。ということで学生たちと、大量に話したので、銃爪はそのあたりかなぁ。
院生との議論。
赤ちゃん連れでやってきてくれたOGとの、これは穏やかな話、赤ちゃんをあやして「いないいないばぁ」とか。
めちゃめちゃ可愛かったぁ。お母さんも美人、披露宴の時に見たパートナーもイケメンだったからなあ。
しかし、赤ちゃんがよく来る研究室はけっこう稀かも。
休憩挟んでの180分のゼミナール。5つの班の学生発表へのガシガシ突っ込み。
1.ファッションと地域イメージ、2.音楽イベントと地域振興、3.ホームタウンチーム制度の地域にとっての意義、4.祭と地域の関わり、5.地域選択と参画モデル
で今年はとりあえず動きだす。
就活の悩みについて共感しつつの話し合い。
自分を繕うのではなく、自分を押し出すことで、テンパりにくくなるとかね。
学生プロジェクト地域魅惑に8人ものヾ(@.@)ノ新人加入を実現したメンバーへの労いと、今後のプロジェクトへの迷いへのアドバイス。
終わった頃にはすっかり声が出なくなっていた。
確かに、このところ『シティプロモーションは魔法の杖なのか』(仮)執筆中心で、あまりしゃべっていなかったなあと。
で、途中の原稿を見た有能な編集さんから、○○市さんについての事例記述が他に比較して厳しすぎるようだが…と。
まぁ、確信犯ではあるのだが、内容は維持しつつ表現のモデレートを図るとしよう。
まだまだ、他にも、私にとっての「これ、なんやねん?」事例は書いていくのだが。
  1. 2017/04/27(木) 23:03:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まちのなかに多様な物語を埋め込むラビットホール

昨日は新橋で公共コミュニケーション学会理事会。
次回総会を7/9日曜午後に日比谷図書文化館にて開催することを確定しました。
総会後のシンポジウムは「議会における公共コミュニケーション-議会広報を中心に-」をテーマに、この分野の専門家のキーノートスピーチ、河井がコーディネートしての議会広報関係者によるパネルディスカッションを行います。
シンポジウムは一般参加できます。近くイベントページなどを開設しますので、ぜひご参加を(^^)
午後からは、御茶ノ水のデジタルハリウッド大学院でエディラボ。アニメ聖地巡礼のアジア展開についてを中心に議論しました。
参加者の顔触れもとてもよく、いい意見交換になったかなと。
インバウンド・アウトバウンド・インターコースをローカル to ローカルで実現させるラビットホール(不思議な国のアリスでウサギがとびこむ穴=仕掛け)として、まちのなかに多様な物語を埋め込むラビットホールとして、マニアによる「まちの編集」を可能とすることでまちの多層なレイヤを発見し作り出すラビットホールとして、聖地巡礼を展開活用できないかという議論から、名所掲示板のメンテナンスや小京都というリンケージなどにも話は進みました。
その後にサントリー美術館へ。絵巻マニアという視点から絵巻物を展覧していて、なかなか楽しめました。鑑賞者、目利き、プロデューサー、交流者としての絵巻マニアの位置付けはおもしろく。また、絵巻自体が、今の日本の漫画隆盛のベースなのかなあとかも。
夜は明治神宮野球場へ。カープ戦だったわけですが、カープファンの皆さん多くの、何というか「烈しさ」に比較して、スワローズファンは東京・青山のチームを応援するってこういうことだろうなあと改めて感じました。
いい悪いじゃなくて都会の人。個人的で、どっか醒めていて、でも共に楽しもうとはするという人が多い印象。スワローズファンの多くが球場から出るとスワローズグッズの露出を相当に控えるってのもいつもながら面白い。どっかに含羞がある。
ということで、スワローズファンであることは悪くない。
都市ブランドと地域プロスポーツをこうした視点で考えるのも面白そう。
  1. 2017/04/24(月) 23:01:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨夜は新宿歌舞伎町で

昨夜は新宿歌舞伎町で、妙齢の美女3人とピザ飲みでありました。山崎とジャックダニエル。
まぁ、女子たちは数年前のゼミOGですな^^
至福、至福。
ポルトガルの歌姫Marizaが歌うファドをイヤホンで聞きつつ『ソーシャル時代のブランドコミュニティ戦略』(小西圭介)読了。
シティプロモーションを考える上でも、多く参考になる部分がありました。
エンタメとしては『回帰 警視庁強行犯係 樋口顕』も読み終えました。今野敏らしく。
今日は帰宅後に『シティプロモーションは魔法の杖なのか』を書き継いでおります。私にとって、疑問に思える自治体の取り組み・戦略も多く紹介しているので、うまくお化粧して書かないと背中から刺されるかも^^; いや、全否定ではなく、プラス評価もしつつとは思っていますが。
それに所詮、机上の意見ですから。現場には現場の難しさもあるわけですし。そのあたりも留意して。
  1. 2017/04/21(金) 23:00:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小世界的にはゆるゆると

そうそう大きなこともなく、小世界的にはゆるゆると日を経ておりますな。
17日には理事を務める浜松のNPO理事会。まぁ、理事長はじめ職員の皆さんの奮闘のおかげでほぼほぼ順調なのかと。
18日は研究室で袋井市と凸版さんのご訪問を受け、今年度のシティプロモーションについて。あいも変わらず成果指標とか。mGAPとか。
その後に、海老名市に向かい、海老名・綾瀬・座間の3市エリアプロモーション「まんなかながわ」の戦略策定打ち上げ。飲むことも飲みましたが、なぜ「まんなかながわ」が意義を持つのかあたりも結構話した気がする。
今日は、細川 甚孝さんと日本経営協会の皆さんを研究室にお迎えし、5月にビッグサイトで開かれる自治体フェアおよび「データオリエンテッドなシティプロモーション研究会」立ち上げについて。
学生の就活相談対応を挟み、ゼミナール。
今年度はたいへん申し訳ないことに、希望いただいた相当人数をお断りして、24名でスタート。ゼミ室兼用の研究室に物理的に入らないので。
5班に分けてテーマ決め。
今日はOGが子どもさんを連れて来学。好々爺が孫をあやしているかの如く。
そんなことをしつつ、顧問格をしている学校プロジェクト地域魅惑の打ち合わせをオブザーブ。時折意見。新入生の参加も何名がありそうで、よきかな。
『シティプロモーションは魔法の杖なのか』(仮)は順調に書き継いでおります。
  1. 2017/04/19(水) 23:59:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

府中へ

大したこともせずに、爺さん予備軍らしく、ぼちぼちしてます。Facebookのタイムラインを見ると、多くの方が大事なことをしてるなあと思うこの頃であります。
備忘。
13日は綾瀬市に伺いました。海老名・綾瀬・座間3市連携エリアプロモーション戦略について、なんやら。海老名・綾瀬・座間3市エリアを「まんなかながわ」として提起する仕掛け。
これによって、各市住民はそれぞれの市民でありながら、まんなかながわ地域住民にもなれる。一粒で二度美味しい状況をつくりたいなあとかね。アイデンティティが複数あるってなんか楽しい気がするんだけど、だめかな。自分が意味ある存在だと思える仕掛けが複数あるというような。
夜は明治神宮野球場へ。スワローズのサヨナラでした。3月にゼミ卒業した、ドラゴンズファンのOBとご対面(^。^) 嬉しく。
昨日は神田。広報学会役員選考委員会。投票結果を受けて、ぼちぼち。
ま、それなりに方向性を作れたので、よかったんじゃないかな。前身の仕事が仕事なんで、このあたりの間合いとか、意外と生きてるかも。
今日は府中へ。前から訪れたかった府中市美術館。企画展は国芳。初見の刷りも多く、それ以上にキュレーターさんの力が入っていることがわかる展示で楽しめました。国芳の展覧会は何回か出かけてるのだが、なかでも出色では。
加えて、美術館の力である常設展がいいですな。特に牛島憲之は発見でした。とてもいい!
若林奮のdaisyも埋め込まれてました。
で、まぁ府中は美術館の為に出かけたわけではなく。府中好きを増やす会さんに呼んでいただいたわけです。ワークは面白く運べました。
府中が共感を獲得できる人ってどんな人ということを明らかにする作業でもあり。
このあたり、シティプロモーションのターゲット発想の多くが失敗しているような気がしててね。
よくある、子どものいる若い夫婦をターゲットに、って奴、
まず、誰に共感してもらえるまちなのかも自己確認しないまま、若い子育て夫婦、若い子育て夫婦って漁ってるのは無理筋だよ。
さて、府中好きを増やせたかな。
  1. 2017/04/15(土) 23:57:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『シティプロモーションは魔法の杖なのか』(仮)

出版予定の『シティプロモーションは魔法の杖なのか』(仮)をやっと書き出してる。いま書いているのは「シティプロモーションの失敗」の章。
少子高齢化は悲劇であるという失敗。キャッチフレーズとロゴマークの失敗。協働の失敗。ターゲット発想の失敗。市民参加の失敗。自治体動画の失敗。ロジックがないという失敗。
あたりを書くつもり。
月曜は虎ノ門ヒルズ。WOMJメソッド委員会。口コミマーケティング絡みの書籍を編著で出版する予定。その辺りの打ち合わせ。広告代理店の実務者、ネット企業実務者、実務者出身の研究者。多士済々である。楽しみ。
火曜。東京藝術大学美術館で、雪村の展覧会。期待以上。泊は横浜。時間があったので雨を衝いて映画館へ。『キングコング 髑髏島の巨神』。悪くない。
今日はゼミガイダンス。定員を大きくオーバーする35名の履修希望者で研究室は満員。嬉しい悲鳴。レポートによる選抜にせざるを得ない。
今期のアニメは「サクラダ・リセット」と「正解するカド」は継続かなあ。
研究室に新たなポスターを貼る。名古屋市からもらってきた八十亀ちゃんでありますな。ええ加減にしときゃあ。
  1. 2017/04/13(木) 23:55:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自治体総合フェア

昨日・今日と大学。在学生ガイダンスと新入生向けプロジェクト紹介とかやってきた。
ゼミ参加希望者は、そこそこいるみたいだが、第1回の12日にはどんな感じかな。
プロジェクト地域魅惑にも興味を持ってやってきた1年生が数人いたみたいだし。
5月に日本経営協会さんが主催する自治体総合フェアとやらがあって、そこに2回も出演するヤツがいるわけで。
まぁ、暇だったり、面白がったりしたかったらおいでまし。
梅本まどかさんとの共演もあるしね。(^ ^)
  1. 2017/04/06(木) 23:54:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NEWS23で "やりすぎ自治体PR"

NEWS23で "やりすぎ自治体PR"とやらの放送。
ふ〜ん。そういう切り取り方なんだ。これだけのためにハイヤーで迎車するのはどう見ても無駄な気がする。短くて、前後関係がわからないんで「このお爺さんは、何を当たり前のことを言ってるの」って感じ。
ま、そんなもん。
テレビ映像のスチルをアップするのは著作権的にどうなのってのもあるだろうけど。禿げのおっさんの写真を当の禿げのおっさんがアップしているんで、まぁ、お許しをってことで。
以下追記4/6 9:03
とは言いつつ、上記編集に必ずしも批判的ではありません(^ ^)
いちばん肝のところは誤りなく放送してくれていますし←サンキュ!
ただ、話の前後関係がわからないので、河井の話はキラッとしてないなと思っただけで。私の端的な物言いの弱さもあるでしょう。
もともと、こんなぐらいだろうとの想定でもあったので、十分納得なり。
それでもハイヤー迎車はやっぱり無駄だとは思うけど。
  1. 2017/04/06(木) 23:53:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋なんて、だいすき

市民関与のシティプロモーションを進めることを企図して、市民の意欲向上をめざすキャッチコピーが、名古屋市で発表された。
「名古屋なんて、だいすき」
この言葉により市民を刺激し、市民自身に名古屋の魅力を発散してもらうための言葉。
「名古屋なんて、だいすき」への共感をもとに、「それなら」と行動を誘いだす。
もちろん、ブランドメッセージではない。
名古屋はまだブランドメッセージを示すことのできる段階まで来ていないから。
まず、市民をインスパイアする。そのための言葉。
市民から言葉を募り、ナゴヤプロモーション会議の場も用いて、積み上げて決められた言葉。
敢えて、従来の「名古屋らしさ」を排除し、ニュートラルにすることで、今までは見過ごされてきたさまざまな名古屋の魅力発見を促す。
一方で、まずは否定的な「なんて」により、「いやいや、そんなことは」という誘発を狙う。
もちろん、キャッチコピーを作っただけではダメ。これを用いて誘発する取り組みが求められる。
土壇場で「名古屋らしくない」「弱気」などとの意見が、某氏から出され、いったん御蔵入りになりかけた。
ここで引くわけにはいかないよねと。
今日の朝日新聞名古屋版の記事には
市は一時「木造名古屋城」を踏まえて…再選考する方向に傾いた。だが、「今回は『行きたくない街』の調査結果を受けた市民のメッセージで別物だ」(担当者)と現場が押し返し、ほぼ予定通りの時期に発表
と。強い思いと論理的な力を持って、説得しきった現場職員に心からエールを送る。
ありがとう。
さて、これから。
  1. 2017/04/04(火) 23:51:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SNUG city NAGOYA

年度始めですなぁ
昨年度からの懸案事項は大人の対応をしながらなんとか熟しまして。学内教職員の皆様にはご迷惑をおかけしました。ありがとうございます。
影響はまだ残るかもですが、ま、ぼちぼち。
今年度、春セメスターは研究休暇(サバチカル)でありますが、諸々ありまして、毎週水曜日には大学に出校します。
写真は、このたび立ち上がりました名古屋の魅力サイト「SNUG city NAGOYA」の、おそらく誰も見ないように配慮していただいた^^; スクロールして、だい~ぶ下にある、【other】(意訳すると「まぁ、どうでもいいんですが」)という部分にある写真ですな。
http://snug.city.nagoya.jp/
いい歳をしたおっさんが爽やかに笑おうとして失敗しています。猫背だよ、をい。
そのうえ、リンク先のpdfで勝手なことも話しています。
今年度も無理せず、楽しく、ぼちぼちと、をモットーにぷらぷらするつもりです。はい。
加えて、久しぶりに大きな外部研究費もないので、たくさん寝ようかなあとか。このまま寝っぱなしになるかもなぁとか思いつつ。
  1. 2017/04/01(土) 23:46:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search