河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

姫路で播磨サンケイリビングさんのお仕事

昨日は、一昨夜入りした姫路で播磨サンケイリビングさんのお仕事。広報とシティプロモーションみたいな集まり。
兵庫県内の自治体の方が多く集まられていた。
私の他愛もない話の後に、加古川市、宍粟市、高砂市、豊岡市の取り組み紹介。
そこへ河井がいらんツッコミをするという企画。
加古川市の「政策を魅力として認知してほしい」との提起には「政策そのものではなく、その政策に関わらせて、幸せになる人の物語を提起してはどうか」とチャチャ入れ。
宍粟市さんは「河井の話を聞いて、発表内容変えるわ」ってことで、いい話をしてくれた。宍粟市がしっくりくる人は誰なのかを考えずに移住フェアで「うちのまちは自然あります」って言ってても費用対効果悪すぎとか。
高砂市さんは個々の取り組みは頑張ってる。戦略性考えてもいいかもと述べる。
豊岡市さんはエッジが利いているね!豊岡市が誰にとって選択されうるまちなのかを強烈に意識してる。クリエイティブもその線でしっかり。ブランドメッセージも明確。これからは、市民や庁内がこの線に共感できるのかがカギとのこと。どういう雰囲気のまちなのかがボトムアップできっちりできた上での今の取り組みなら十分に共感は獲得できるはず。人口を増やすというより一人あたりの活動量を増やす形のシティプロモーションができそうだが。
姫路を後に、大阪梅田に。
マッセで行なった研究会同窓会。
堺市、豊中市、寝屋川市、河内長野市、羽曳野市の友人たちや、マッセ事務局の友だちも。
楽しく過ごせた。
ところで姫路で午前に時間を作れたので、姫路市立美術館へ。
バロックという惹句だが、ザクっというと「17世紀大陸ヨーロッパの作品を、主にヨハネパウロ二世美術館の協力で、そこそこ集めてみました。」という展覧会。
あまり行けない美術館では、巡回企画展よりも常設展に期待していくわけだが、昨日は國富奎三氏寄贈コレクションが展覧されていた。
また、姫路市立美術館は建物や庭の彫刻に目を惹かれるものが多かった。
美術館で見かけたポスターで、姫路文学館で、天守物語×宇野亜喜良・山本タカトの企画展を行なっていることを発見。もう時間がなかったのだがどうしても見たいと雨中てくてくと文学館へ。
やはり出かけてよかった。
泉鏡花も宇野亜喜良も好きな雰囲気なので。山本タカトもいい味。
姫路で「えきそば」というものを食す。
これ、駅の蕎麦じゃないんだ!
中華麺をうどんだしの汁で食うという無国籍ハイブリッド。面白かった。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/18(土) 19:03:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。