河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゼミ連携発表会

昨日は大阪。府のアドプトプログラムについての見直しにかかる委員会。窓の大〜きい府庁正庁にての開催。
攻めるイインチョとして、委員の藤原さん、塩山さんの意見を引き出しつつ、事務局とともに、公共空間の官民連携管理について検討。行政が自らの存在を見せつつ上手に引くことで、どう民の力を誘い込むことができるのかという点が中心に。

その後大阪市立東洋陶磁美術館へ。
汝窯青磁の名品を堪能する。至福。
今日は、駒澤大学、大妻女子大学と弊学とのゼミ連携発表会。
学生たちは力を発揮してくれたと思う。
よくやった!
その後に3大学のお菓子懇親を経て、河井ゼミは怒涛の飲みに。
楽しく過ごせた。
ところで、神奈川県助成研究の一環として、WEBアンケートをやってみたのだが、シティプロモーションが地域のためにとどまらず、そこに関わる人々にとっても直接的な利得を付与できているとの可能性が見えてきている。
アンケートでは、自らが住む自治体の魅力を短い言葉で述べることができる市民は、そうではない人々に比較して、明確に「自らが意味のある存在だ」と考えていることが明らかになった。
私は、幸福とは物質的な満足以上に、自尊感情が重要だと考えている。
地域の魅力を語れることが、地域への親愛になり、その親愛の対象である地域をよりよくするために参画する。参画することで自らの存在意義を再確認できる。それが結果として自尊感情につながる。
ロジックとしては、こういう過程が成立しそうだ。
今後の研究のモチベーションとなる成果だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/15(水) 19:00:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。