河井孝仁のシティプロモーション日記とか

公共コミュニケーション学会第3回事例共有・研究発表大会

本日は公共コミュニケーション学会第3回事例共有・研究発表大会を、日比谷図書文化館にて開催いたしましたところ、賑々しくご来場くださり、有難き幸せ、厚く厚く御礼申し上げ奉ります。
ということで、野崎理事による、人工頭脳(AI)の普及による公共コミュニケーションの変化の可能性を、画像認識の劇的進化などもモチーフにして提起する基調講演を嚆矢に、12本の事例及び研究発表が行われました。
基調講演はumuという会場を巻き込むことのできるシステムも活用して、なかなか面白く聞くことができました。
まぁ、趣旨とは異なりますが^^; 私としては、人間はAIと恋愛できるのか、結婚できるようになるのかという個人的な関心を持っておりまして。基調講演を聴きつつ、やっぱり十分な可能性があるなあとか思ってました。
さて、発表からは、普段は主役になりにくい人々を主役にできる「まちづくり」のための仕掛けなど多くの知見が得られました。
その一環としての子ども観光ガイドは多くの可能性を持った「仕掛け」だと考えます。
ゼミの学生も「地域への定住及び参画促進戦略モデルの提案」について、発表機会を得、大きな経験になったと考えます。
懇親会もメキシカン料理でPRASらしく、ちょっとオシャレに行うことができ、其処此処で意見交換の輪ができているのも嬉しい限り。
地域創生をテーマに、茨城県で中高生が参加する個人主催のシンポジウムを企画している高校生!
すごいですね。何人か関係しそうな方を紹介しました。素敵なものになると嬉しいなと思います。
  1. 2017/02/05(日) 18:55:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search