河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

河井ゼミ

まぁ、ぼちぼち。
今日は「ゼミ後に一人で飲むんだけど、なんなら来てもいいよ」とゼミのLINEグループで伝えたところ
何と、ゼミ生19名中15名参加で、なんだかゼミ発足会みたいになった。
ありがとう。

今日まで、地域魅力創造サイクルワーク、メディア活用戦略モデルワークをトレーニング。
河井ゼミ出身という以上はこのあたりは自家薬籠中にはしてもらいたいところ。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/26(火) 23:11:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぁ、清濁いろいろしてる

まぁ、清濁いろいろしてると言えばいろいろしてる。
熊本を中心とする地震について想像力を持つようにしている。
エクアドルの地震についてもそうだろうし、地震とは異なる理由で、苦しい思いをしたり、亡くなったりする人たちが多くいることへの想像力も大事だと思っている。
とはいえ、そればかりで生きているわけでもない。

昨日はまず三島市へ。友人で市の情報システムを担ってる岩崎 俊彦さんと何となく懇談。楽しかった。
何か新しいことも生まれそう。というか、やる。早速、公共コミュニケーション学会で話してもらうつもり。

そのあと、富士市へ。市長懇談とシティプロモーション懇話会での講演とオブザーブ。
富士市は、今のところ、河井のシティプロモーションの考え方をがっつり活用してくれる流れ。アドバイザー的立ち位置で力を尽くす。

一昨日はYahooニュースの辻本 哲也さんが研究室来訪。災害広報について議論。
パーソナルかつプッシュ型かつソーシャル活用広報としてのポータブルガバナンスについて久しぶりに話した。
あと、災害時にくまモンは話すべきかについて。
活躍する自治体広報人材の話もしたな。

読売新聞さんとNHK首都圏さんから電話。&tokyoという東京都ブランディングについて、と、自虐プロモーションについてだったか。

プレゼンテーション基礎・応用の授業も、学生が、そこそこ元気なので楽しい。
あと、今年から大学院の授業を本格的に。院生二人と院試受験予定の学生の3人で、山岸先生の『信頼の構造』を精読。
研究者の「読み方」を伝え、議論していくつもり。

火曜日。
メディアプロジェクト地域魅惑。まだ見学とのことだが1年生が来訪。参加してもらえるといいな。
3年生も一人、パートタイム的に参加確定。
まだまだ、メディアプロジェクトのなかでの立ち位置が明確ではないので、そのあたり学科主任にお願いごとなど。

ゼミナール。19人で確定。
例によって女子15人、男子4人という偏り。こちらも楽しく厳しくやっていきたい。華やかです。

改めて熊本を中心とする地震について。
今のところ、河井はほとんど何もしていない。
この分野で、私のようなものより、専門性が高く、現場を持つ人間や組織がいくらでもあるなかで、思いや志だけで動いても、自己満足になるかなと。
この状況に気持ちはざわざわはするのだが。
専門性のある存在がしっかり活動できるために、意義のありそうだと考える募金を見極め、些少ながら積極的に応じている。
今のところはその方が、全体的には適切な資源配布になるだろうと思っている。
まぁ、わからんがね。
  1. 2016/04/22(金) 23:09:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

総会シンポジウムのテーマ確定とAbemaTV

昨日のこと
地震や被災された方のこと、弊学熊本キャンパス、阿蘇キャンパスのことを気に掛けつつ

午前中は新橋。
公共コミュニケーション学会理事会
6/5(日)に開く、総会シンポジウムのテーマ確定
「地域を編集するとは-フリーペーパーから考える新たなデザイン-」

市民「編集者」という発想を受け入れる場所としてのフリーペーパー
スペースに制限がある紙媒体だからこその「編集」性
広報紙ではない非公平な公共媒体の必要
ターゲット広告を可能にする公共媒体としてのフリーペーパー
結果としての紙面に止まらないプロセスを見せることの可能性
などなどが切り口になるかな

午後は御茶ノ水でエディラボ
AbemaTVについて、立ち上げの責任者の方にお話聞きながらディスカッション
今までのネットTVとは一線を画すものだと理解。

地上波やBSとは異なる、オルタナティブ性を持っている。
地上波の劣化版をネットで見せるのではなく、ネット放送局だからこそできることを志向している
たとえば、放送停止になった日清CMを敢えて流す可能性もと思う。
視聴者が限定されているからこその強み。

自治体動画も
「誰でもいいので、できるだけたくさん見てもらう」という志向を
支えるプラットフォームだけではなく
「ブランドメッセージに共感できる方だけに見てもらう」という志向を
支えるプラットフォームを必要としていると考える。
  1. 2016/04/17(日) 11:04:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は少し凹んでる

今日は少し凹んでるかなあ。

タイムマネジメントが、うまく回らなかったのが大きいのか。
なんだか懸案を随分と先送りにしてしまってるし。
電車乗り遅れるし。

プロジェクト「地域魅惑」の新入生が2人だけだったということもあるし、それもあって、地域魅惑がどういうポジションを取ればいいのか私に迷いが来てるのも大きいなあ。
なんか学科のプロジェクトのなかでも、鬼っ子扱いな気がするし←このあたりは、こちらから打開すればいいんだろうが。
地域魅惑については、政治の村Studentsの施主であるタウンニュースさんと、企画についての意見がうまく合わないなぁとか。

あと、右手の中指がなかなかの怪我で痛いとか、他にも幾つか痛いところがあるとか。

ま、いろいろあるわけだ。

○○新聞大阪本社さんから電話。
府内自治体のアドプトプログラムで揉めてる事例があり、見解聞きたいと。
花壇じゃなくて菜園になってるとか云々。
そんな枝葉末節どうでもいいんで。

アドプトプログラムは、どうなったら成功なのか、市民が自らイニシアチブをとり公共空間管理に関与し、当事者化をするためのデザインとして捉えることが必要だろうが。
そういう大きな話から検討しなくちゃ、つまんないだろと。
その戦略を十分にデザインできてたのかどうかという視点で考えようよ。菜園ダメなら制度変えればいいだけなんで。
記者さんは気づいたようなので、よかったかな。

○○ニュースさんから電話。
熊本地震絡みで災害広報取材。私に災害広報での取材があるのは久しぶり。
最初の査読論文が災害広報だっり、防災科研の研究員だったりしたこともあって、まんざら畑違いでもないけど。

熊本のウェブサイト落ちてたよ、とかソーシャルメディア機能したの?とか。
私からは、パーソナル広報という発想の必要性と、その具体的取り組みの紹介。
行政にとどまらない災害広報の発信をプラットフォームに投げ込んでいく仕組み、それを運営するカウンターパートとしてのNPOの意義とか。
さらに、広報のクリエィティブを作品として捉えるのではなく、どう機能する素材なのか、という視点で見る必要もとか。
それなりに納得されて、会って取材したいとのことなので、まあ、大きくは外さなかったのかな。
  1. 2016/04/15(金) 23:50:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

書籍

昨日はモルトバーに入ったところで熊本を中心とする地震のニュース。
ウイスキーを嗜みながらも、ニュースにも見入ってしまった。
九州にも友人が多く、心配。

午前は新宿で出版社さんと打ち合わせ。
A社さんとは版組みの相談と第1章、販促チラシについて
A社さん編集の方が帰られた後、引き続き同じ場所で、B社さんから新しい出版依頼について。なかなか面白そう。こちらは自治体広報現場の方にも執筆をお願いする、私としては編著とする方向で検討することに。

前の波の時もそうだったが、書籍執筆はどうも、続けてバタバタとくる。
今のところで今年だけで4冊になる可能性あり。

その後、同じく新宿。日本広報協会へ。
広報の各コンテンツ、クリエィティブにとどまらず、戦略におけるポジションの的確性やターゲットの行動変容の確認が、より重要なのではないかと、思った2時間30分。

いったん渋谷へ。
国芳・国貞の展覧会。
作品数も多く、初見も相当あって、楽しめた。。

で、歌舞伎町へ。
周囲の喧騒から、ふっと雰囲気の変わる、年齢を重ねた女将も素敵な炉端焼き。美味しかった。
  1. 2016/04/14(木) 23:48:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初見、絶対に怖い

昨夜
「河井先生は初見、絶対に怖いので、1年生には『実は怖くない』と言っておきました。」と4年生のドヤ顔。…ありがとうございます。…そんな怖いか(; ̄O ̄)
というTweetしたところ、

ゼミOGに「実は私も最初怖かった」とリプされたり、別のOGにも「いいね」されたり、当の4年生にダメ押しされたり(°_°)
そうだったんだ、怖いんだと、この歳にして自己再認識。

とはいえ、OGから「関わると全然違うそのギャップ」に好感を持ってもらえたようでもあるので、まぁいいかと(^^;;
これからも学生には"コワモテ河井・なかみグニャグニャ"で!
とはいえ、ゼミ、甘くないで。
  1. 2016/04/13(水) 12:46:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロジックモデル

なんか無駄に長いです(^^;;

喋り倒した一日
出校すると○○新聞さんから電話。
○○「自治体動画の取り組みが多いようですが、どのように思われますか?」
これ、○○新聞さんには支局違いだろうけど4回ぐらい話した気がする。
河井「動画を認知獲得、関心惹起、着地点整備の何を目的としたメディアなのか、位置づけの明確化が必要でしょうね」
○○「成功している取り組みはどこでしょう」
河井「その動画が何を目的としていたのかによりますね。小林市さんの動画は先のメディア活用戦略を十分に考えられてると思います。」
○○「失敗した取り組みはどこでしょう」
河井「なので、その動画が何を目的にしたかによるので、今の段階で失敗だと述べることは困難だと思います」
何か、同じことをこの会話の中だけでも何回か言った気がする。

午前、3市連携エリアプロモーションについて各市担当と研究室で打合せ。
このペーパーにある「加速化交付金をどう使うか」って、プロモーションじゃなくないですか。目的と手段が逆転してるんじゃないでしょうか。
目的を定量化して進めない限り「結局あなたの仕事は意味あったの?」と、2年後に後ろ指さされるようになるので注意したほうがいいですねえ。
エリアとしてのブランド構築も図らずに、エリアプロモーションなんてできないような気もしますが。
など吼えてしまいました。ごめん。
でも、意欲はある皆さんなので今後は楽しみ。

3限。行政広報論。
行政広報を考える前提としての地域経営概念。
行政広報の目的としての可視化と地域参画に向けた行動変容。
行政広報の要素としての行政サービス広報、政策広報、地域広報。
行政広報施策の主権者納得を得るための戦略発想・ロジックモデル
ここまで一気に。
さて、反応はいかに。
コメントシートはこれから読む。

4限。ゼミナール。
19人で確定かな、3年生10人と、ほぼほぼベストの構成。楽しみ。
男子は5人だったか(^^;;
今までのゼミは、すぐにグループわけしての研究計画構想から始まったが、今年は河井は何を考えてる人間かを改めて確認するところから。

シティプロモーションにおける地域参画総量概念、地域魅力創造サイクル、メディア活用戦略モデルを講義、次回・次々回とワークをして、単なる場としてのゼミではなく、「河井」ゼミであることを十分に訴求する。

5限相当。メディアプロジェクト地域魅惑。政治の村Studentsで連携するタウンニュースさん来室。
新1年生4人、全員参加してくれると心強い。3年生もパートタイム的に1名参加してくれそう。

政治の村Studentsの企画である、政治に関する学生アンケートについて議論。
地域魅惑としては、学生は地元が好きなのに地元の政治には関心ない・参画しないという仮説をアンケートで立証したうえで、自治体議会と関わる政治の村Studentsの必要性を提起するとのアンケート設計。
タウンニュースさんとしては神奈川の学生の政治意識を確認したいとのこと。そうなると現在のサンプルでは無理。
そのあたりを議論できてよかった。

タウンニュースさんが帰られた後、1年生たちに地域魅惑の意義を説明。
何をやるか以上になぜやるかを大事にする活動であること、
常にどうなったら成功なのかを設定し、かつ状況に応じて柔軟に改めていく活動であること、
大人に言われたことをやるのではなくその意味を明確にしながら活動しなければただの下働き、そうしたことはこのプロジェクトでは求めていないこと、
など説明。

プロジェクト参加する気になったら金曜日の来室時に役割をふると伝える。
さて、来てくれるかな。
  1. 2016/04/12(火) 23:43:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地域魅力創造・発信トークセッション

ぼちぼちやってます。

昨日は、鶏葱塩ラーメンを昼に、ビーフカレーを夜に製作しました。
別に一からつくったわけではないのですが、ちょっとずつ工夫はあるわけで。
今朝の弁当はブリ照り焼きをメインに。

週末は、ゼミ生のエントリーシート見たり、地域魅惑のミッションフォーマットつくったり、富士市の講演資料つくったり、月刊広報への原稿書いたり、してました。

で、来月、東京ビッグサイトで自治体総合フェアなるものが開催されるわけです。
その5月19日のE5セッションに「地域魅力創造・発信トークセッション ~仕掛けのカギはクッキー&アニメ!久喜市シティプロモーション最前線~」というセッションがありまして。
久喜市の金澤 剛史さんが登壇します。河井がモデレーターですな。
久喜市の一発撮り動画はなかなかなんですが、単に個別の仕掛けの紹介ではなく、久喜市がどうシティプロモーションに取り組もうとしているのか、そのあたりを腑分けできればと。

いわゆるシティプロモーション先進自治体ということではなかった久喜市が金澤さんたちの力でずいぶんおもしろくなってきている。
これから、取り組もうかなぁと思っている皆さんには背中が見えるというより、並走しながら、ちょっとだけ先を行っている仲間が何をしているんだろうということで参考になるのではと思ってます

ども
  1. 2016/04/11(月) 23:42:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日から授業

今日から授業、ゼミガイダンスなわけだが、
その前に、わざわざ福岡のNHKから研究室にお見えになったディレクターさんと意見交換。
九州限定の新番組で自治体動画を特集するとのことで、取材に。
メディア活用戦略モデルへの位置づけ、どうなったら成功なのかという目標設定の明確性、それを実現するためのロジックモデル。前提としてのブランドメッセージの意義など、多岐にわたる意見交換。
いい番組づくりに役立てば嬉しい。

地域魅惑のパワーランチ、行政広報論のガイダンス後に、研究室へ戻る。
(°_°) 学生が廊下に溢れてる(笑)
昨年よりハードルを下げたからか、ゼミ希望学生がわらわらいる。
しかも女子率、高!

ということで、強めの攻めガイダンスに。弊学科ゼミは履修自由かつ半年ごとに所属を変えられるという緩い仕組み。
なんで、講義科目との違いをあまり意識せず履修希望する学生も多い。
攻めガイダンスで「ここ、ちょっと大変かも」雰囲気を醸成することで、履修意欲がそれほどでもない学生が、別の選択肢を検討する余地を作る。
これによって機能するゼミをデザインするための取り組み。
とはいえ、攻めすぎると25人ほどいた学生が数名になってしまっても面白くないので、そのあたりの力の入れ加減を楽しんでみた。
12日の確定時には、12〜18名ぐらい、うち三分の二が3年生という構成がベストだが果たして。

ゼミガイダンス後に虎ノ門へ。
WOMJメソッド委員会。
放送中止になった日清のCMをネタに、ブランドとアドボケイツについて議論。
CMそのものについては、種々意見はあるのだろうし、彼女そのものへの批判もあるだろう。
しかし起用した以上は、彼女を守る本気が必要だろう。
それもなくて起用したのなら想像力を決定的に欠いた、無責任なものだなと思う。
日清と担当クリエイティブは何のためにあのCMを作ったんだろう。
ブランドを擁護するアドボケイツを日清は育ててきたんだろうか。
平時の取り組みが非常時に役立つわけなんだが。
  1. 2016/04/08(金) 23:39:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そして今日も学務

そして今日も学務。
新入生研修会ということで

学生によるメディアプロジェクト説明会。
私が指導?してる「地域魅惑」も学生が説明した模様。
早速、一人、研究室に来てくれました。とはいえ、少なくとも三人は欲しいかなあ。

私は履修指導ということで、研究室待機。
その間にいくつかデスクワーク。
録画してあったアニメ「ジョーカーゲーム」も視聴。
さすがプロダクションi.G。悪くないですね。

夜は友人とロシア料理
そのあとは一人で、いつものサウスパークに。
KILChOMANの飲み比べ。
  1. 2016/04/07(木) 23:35:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

在学生ガイダンス

今日も学務。
在学生ガイダンスで1限から3限。4年生、3年生、2年生。主説明担当でけっこう話したなあ。
いろんな手戻りがあったりしながらも、まぁ、ぼちぼち進んでる。
ゼミへの問い合わせも何件かあり。
さて、8日にはどんな顔ぶれになるかな。

二年生による、学科プロジェクト「地域魅惑」への新人勧誘プレゼンのトレーニングも。
明日はその本番。自分がやるわけじゃないから、より気になるな。
新入生の2,3人でも参加してくれるといいが、
写真は朝の新幹線から。
なんだか、書籍執筆の波でも来てるのかな。どこまで実を結ぶのか、だが。
  1. 2016/04/06(水) 23:10:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Facebook友達申請

お知り合いの方からのFacebook友達申請歓迎です。
ただ、あわせてメッセージをいただけると嬉しいです。

私が承認した後で、メッセージを送るつもりの方もいると思います。
しかしながら、Facebookもそこそこに物騒で、なりすまし申請とかもありますので、ぜひあわせてメッセージをお願いします。
メッセージがないと恐らくあの方だなあとか思いつつ、承認できずにいますので。

今日は新入生ガイダンス。
彼らがどのように育ち、私がどのように影響を受けるのか楽しみでもあり。
大学の桜遠景。
  1. 2016/04/05(火) 23:09:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本ジャーナリスト教育センター

今日は東京・東日本橋。
日本ジャーナリスト教育センターのフェローとしてプロボノを務めてきました。
GWに石巻でジャーナリストキャンプという取り組みが行われるんですが、その参加者の事前トレーニングという位置づけかな。

参加者は、新聞記者の方やWebジャーナリスト、広報業務をされている方など。
西田亮介さんの「規範ジャーナリズムから機能ジャーナリズムへ、そのための仮説思考の必要性」という内容のレクチャのあとのグループワーク。
そこで進行役をしてきたよ ということですな。
自分ではようわからんのですが、悪くない進行役だったようで一安心です。
  1. 2016/04/02(土) 16:07:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋に出版するシティプロモーション

秋に出版するシティプロモーション本の原稿を13ページ書きました。
なかなかいい感じだと思ってます。
まぁ、編集者にはメチャ赤字を入れられるとは思いますが。

科研費。どうも落ちたみたいです。
久しぶりの「落ち」です。
まぁ、今年度は神奈川県政策提案でほぼ同額の研究費は獲れてはいるんですが。

スワローズ完勝です
まぁ、まだ最下位ではあるのですが。
いろいろある年度初め。
本年度も楽しくなりそうです。
  1. 2016/04/01(金) 23:04:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

03 | 2016/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。