河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まるっと西日本


あちらに見えますのが…的な。

昨日は大阪へ。
東日本大震災被災当事者であり、関西へ避難された被災者の情報支援を行っている「まるっと西日本」の古部さんを訪ねました。

自治体広報誌オープンデータ推進協議会の藤井さん、新しく事業立ち上げたという元宇治市役所の青木さんを案内しつつ。

被災者を「被災者」として一括して見るのではなく、それぞれに魅力も、希望も、課題もある一人一人として見つめる。
彼ら彼女らを支え、思いを受け取るために、パーソナライズされた情報を提供し、提供される仕組みを作る。

そのために自治体広報誌のオープンデータを最初のきっかけとする。
加えて、被災者個々に応じた、NPOによる支援情報、活用可能な企業情報を編集する。
それらを、被災者の手元にあるスマホやタブレットにいつのまにか提供する。
そうした枠組みを可能とする、ポータブルガバメント・ポータブルガバナンスを構築する。

それらは、被災に着目しつつも、多様な市民個々が生き生きと暮らす基盤にもつながる。

そんなことを古部さんや、新たに「まるっと西日本」の事務局長になった藤本さんたちと語りました。
次々と続く話題に、2時間半も。

ポータブルガバメント・ポータブルガバナンスということを無闇勝手に言い出してから、2年ぐらいは経っているはず。
そろそろ、社会的位置づけも、技術的可能性も、ビジネスとしてのサスティナビリティも見えてきた気もします。
楽しみなり。

その後、大阪商工会議所へのご挨拶を経て、都島区役所へ。
オープンガバメントに積極的に取り組もうとされている田畑区長や職員のみなさんと何やら話しました。

こちらは、藤井さんのイニシアティブ。

そんな一日~。

で、「あちらに見えますのが」の写真は昨日とは何の関係もない、しばらく前の「人つなぎの場」でのもの(^^;;

昨日もらったので、貼っちゃいました。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 15:26:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

那須塩原

「熱をもらいました」
嬉しい言葉です。

昨日は新幹線でした

まず~、宿泊先の横浜から東京へ
これはさすがに京浜東北線
で、10時から東京・大手町の日本NPOセンターに、とことこ向かいます。

理事を務めるNPOパートナーシップ・サポートセンターのお仕事。
会議は2時間でした。いろいろ決めました。

で、ぼちぼち、というより、さっさと東京駅へ

那須塩原まで。ここで最初の新幹線。
那須塩原市役所で職員向けに、シティプロモーションの講演

まず13:30過ぎから市長と若干懇談。
で、14時から80分の講演
職員の多くが熱心に聴講してくれました

職員が元気にならないようなシティプロモーションやってもしょうがないでしょう。
自分たちのどんな仕事も、それを的確に実現することが、那須塩原が日本一のまちになることにつながるわけで。
市民が、このまちに住んでよかった、一緒に日本一のまちをつくろう。そこに参画しようと思う、それがシティプロモーション。
定住促進たらなんたら言うけど、それがまず基礎なんで

みたいな。
冒頭の言葉もいただけて、まあ、よかったかな。
終了後に副市長との懇談。幹部の方も一緒で。
那須塩原は本気ですなぁ

新幹線で東京へ戻ります。
秋葉原で、メイド服のカワイイお嬢様を横目で見つつ
ゆるゆる、日本広報学会理事会へ。
ちょっと、自分のミスも見つけてしまったり^^;
2時間半の会議

最終の新幹線でふぅっと浜松へ。

そんな一日なり。
  1. 2014/05/29(木) 15:25:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゼミ・アクティビティ




ゼミでは月一回のアクティビティを行うことにしてます(^^)
研究班が5つ。4月から8月までそれぞれ担当。

ということで、昨日はボウリング!

ちなみに~。全体でのハイスコアは…私であります*\(^o^)/* パチパチ
ボウリング全盛時代を知っているおじさんをなめてはいけません。とか。

終了後は少人数で二次会。
今日は来られなかった学生がバイトしている店で。
大学でとは違う頼もしさを感じました。
  1. 2014/05/28(水) 15:22:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パートナーシップ・サポートセンターの理事会、総会

10294479_714965245212437_5338024838035236838_n.jpg








猫へのそこはかとない贔屓を感じるんだが。

昨日は名古屋でNPOパートナーシップ・サポートセンターの理事会、総会。
総会議長を務めて、シナリオを読んでました。

会場のウイル愛知は、名古屋市政資料館前。
看板はそこで。
  1. 2014/05/25(日) 19:01:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日はアウトでした。

ウチクダケ〜。 トキハナテ〜。

昨日はアウトでした。
急ぎで出した封書が切手代不足で戻ってきていました。
キャンセルしたはずの交通機関がキャンセルできていませんでした。
タスクが管理できていなかったので無駄な出費がありました。
新宿・歌舞伎町でちょこっと迷いました。
沖縄料理の写真を撮り忘れました。

自治体オウンドメディアの広告媒体としての価値向上について、ちょっと面白いアイデア💡を思いつきました。

出版社の方と飲みました🍺。

トキミチテ〜。 イキルタメ〜。

『シドニアの騎士 Knights of Sidonia』オープニング「シドニア」(作詞 atsuko 作曲 atsuko/KATSU 唄 angela)から一部引用
  1. 2014/05/24(土) 18:58:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自治体広報誌オープンデータ推進協議会

マイクを持ってU字型の机配置の内側をふらふら走ってる人。

私です。

自治体広報誌オープンデータ推進協議会ちうものが赤坂で開かれまして、私が主査だそうです。
で、そこで、冒頭のような人に。

最初は主査とか書かれた席に鎮座して議論のコーディネートをしてたんですが、マイクが回るのがまだるっこしいので、そんな感じに。

役得で途中途中で意見述べたりしながら、コーディネートできました。

個人向けにカスタマイズされた行政情報が、手のひらのスマホに、いつのまにか(アンビエント)、しっくりくる感じで(アフォーダンス)、届く仕組み。

行政情報にとどまらず、ソーシャルを含めた民間情報が、それらを補完しつつ届けられる仕組み。

さらに、地域経営への参画を誘い込む情報をバグのように仕込み、セレンディピティを促す仕組み

それらを、ポータブルガバメント、ポータブルガバナンスと勝手に言ってるわけですが。

私にとってのオープンガバメントは、それらを実現するための基盤として考えてます。
ま、そのあたりの周辺を、ふらふら走りながら考えていく、実現に向けて動き出していく機会にしたいものだと。

午前は、築地。
WOMJサミットで、流山市をフィールドに行っているアドボケイツ・マーケティングの実証実験をどう見せるかの打ち合わせ。
地域の強固なファンと、そのファンが紡ぐ物語が、地域のブランドを作り上げるのではないかという仮説ですな。

昼は、川崎市の皆さんとシティセールス戦略プラン再策定に向けた打ち合わせ。
こちらも「人」に注目した、関与したくなる、参画したくなる、推奨したくなるまちに向けての仕掛けなど、議論しました。
しばらく関われそうなので、面白くしていきましょう。
  1. 2014/05/23(金) 18:57:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

純系名古屋コーチン

純系名古屋コーチンのしっかりとした味わいを堪能しました。
歯応えあるんですが、噛むとほろっと舌に広がる。
最後に出汁をかけて食べ終えるのは、櫃まぶし風。味噌味もきいています。

なごやめしをテーマに、名古屋市役所、愛知県庁の方と、おもしろいアイデア出しができました。
私が申し上げた玉石混淆ならぬ石々混淆なプロモーションアイデア、拾えるものがあるといいなあと思ってます。
けっこうワクワクできるものもありましたよ。

名古屋市役所の方が5人もいらっしゃったのには驚きましたが。

他の方が食べた、純系名古屋コーチン親子丼もそそられます。

後、名鉄近くのスタバでお仕事。

夜は、NPOパートナーシップ・サポートセンターの理事会。
ここは事務局レベルが高いので、いい会議ができます。
みなさんに多謝。
  1. 2014/05/22(木) 18:55:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人むすびの場

昨日は恵比寿の英治出版ラボで開かれた「人むすびの場」という企画に講演というか、アジェンダ提供者と言うことで参加しました。
「今、なぜ、公共コミュニケーション学会を設立するのか」がテーマ

このテーマで人が来るんかなぁ、来ても楽しいのかなぁと心配していたのですが、思った以上に盛り上がって、ようございました。
やっぱり、こういう「場」は求められているんだと思います。
それにつけても、いい学会にしなくては。

ところで、会場の英治出版さん。
昔アダルト系の雑誌を出していた英知出版と誤解していました
あれ~ 会場に置かれているのは堅い本ばっかりだなぁ。。。と
英知出版はとうに倒産していたのでした。
ごめん。
だって、会場の真向かいはラブホなんだもん。

主催の鈴木さんがこちらで様子を伝えてくれています
  1. 2014/05/21(水) 18:53:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『地方自治職員研修』

10365780_711509455558016_1513803005812969399_n.jpg








地方自治職員研修に原稿が掲載されたようです。
自治体の発信力がテーマで、友人の印出井さんたちが執筆されたものの、露払いです。
横綱土俵入りで、太刀も持てずに、手持ち無沙汰なのに緊張してる役ね。(o^^o)

自治体のメディア活用戦略モデルにとって必要な「共感形成」を主眼に書いてみました。

佐藤尚之さんや、小保方晴子さんや、山中伸哉さんや、北九州市水道局さんや、ハム係長さんなど登場してます。

なのに、文章が硬いです。
露払いは緊張してる風が大事なのです(^^;;
  1. 2014/05/19(月) 18:52:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オープンガバメント

オープンガバメントの話を聞いてきました。

税金で獲得、処理した情報を、誰でも利用可能な形で開放しましょう。
開放したデータをさまざまに利用してもらえるように、ちょっと仕掛けを考えましょう。
でも、役所が考えすぎるんじゃなく、利用者は賢いので、後はよろしくお願いしましょう。

ってことなわけで。
理屈としては、当たり前のことで、そんなに難しい話じゃない。
ということを改めて確認したってところかな。

Code for なんちゃら、とか、ハッカソンとか、データカタログとか、クリエイティブコモンズとか、
大事なんだが、なんかクラスター作って、普通のおっさんを遠ざけてないか。

行政経営フォーラムat慶応三田でのお話。
昼休みの東西南北会(昼食会)でなんやら軽い座長役を振られたので、ちょびっとシティプロモーションの話もしました。

旧知の友人に出会えたり、新たな知己ができたり。楽しかった。
公共コミュニケーション学会も立ち話で紹介できたりみたいな日。

午後からは、大学に戻り、研究室でお仕事〜。
  1. 2014/05/18(日) 17:56:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シティプロモーション/のためのツール

シティプロモーションのためのツールを作るとして。
その際の訴求ターゲットには、自分自身は入らないとする。

しかし、そのプロモーションツール作成に参画した、関与したという思いを共有できる場に居られるなら。

まちは自分ごとになる。

そうした機会を積極的に作ることが、できているか。

昨日は東京・港区役所で3時間ほど某業務でした。
  1. 2014/05/18(日) 17:55:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シティプロモーション・ツール

シティプロモーションのためのツールを作るとして。
その際の訴求ターゲットには、自分自身は入らないとする。

しかし、そのプロモーションツール作成に参画した、関与したという思いを共有できる場に居られるなら。

まちは自分ごとになる。

そうした機会を積極的に作ることが、できているか。

昨日は東京・港区役所で3時間ほど某業務でした。
  1. 2014/05/16(金) 17:55:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シティプロモーションの最近事情

住んでいる人、関わっている人の多くは自分のまちが好き。
でも、周りからはそんなに評価されていないのに「誇り」だと言ったり、オススメしたりは、なんかやりにくい。
その糸口や緩やかなガイドをつくるのも、シティプロモーションの意味。

昨日はサンケイリビング社主催のシティプロモーションの最近事情をテーマにしたセミナー

基調講演をさせていただきました。

盛況で当初予定の2倍、80名以上の参加を得たとのこと。
がっかりさせずに、「よし、やるぞ」との思いで帰られたことを期待。

事例紹介をされた足立区さんの話が、よかったです。
こちらも、サンケイリビングさんにご紹介して正解だったなと。
  1. 2014/05/15(木) 17:54:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

脳に汗をかく

10356360_708123742563254_809136575968769196_n.jpg








脳に汗をかいてもらおうかなと。

月曜日はプレゼンテーション基礎・応用。2限連続のセット授業ですな。
昨日は前半でパワポのアニメーション機能の基礎を。
次回は某企業の複雑なクレーム処理の過程を全てアニメーションで発表してもらいます。ま、宿題。

後半はロジカルシンキングの第一章。4人に、これも宿題で作ってきたまとめをグループプレゼンしてもらいます。
25分ほどで終わった発表に、今回聴講の受講生に質問を促し、大枠として詰めていきます。
「なぜ、この部分に、そのスライドが入っているのか説明してほしい」
「前のスライドとつながりが不明ではないか」

その上で、スライド1枚ごとに検討します。
「段階的に行動を促すという抽象的な内容はわかったので、それを掃除機を売るという具体的な場面に引きつけ、必要な部分は想定して、展開して。」
「二番目に期待する行動の『フィードバック』は具体的には、どうしたら引き出せる?。コーヒーメーカーの事例使って話して。」
「それでは、わからない。やり直して。」
「第一段階は素敵だが、次のステップが説明できてない、もう一度。」

などと、優しく授業を行いました。

で、書籍にある設題3問は宿題。
次回、当日指名した学生に発表を求めます。

あ、当然、次回の第二章の発表グループは、プレゼン用スライド作成、当日発表準備も宿題ですな。

軽く目が泳ぐ学生もいますが、けたけた笑いながらこなしてく学生も。

帰りの車内で、古井由吉『鐘の渡り』を再読了。
時空を超えた共鳴、共振が、さまざまに行われる文章。
長い一文と併せ、脳を掴まれるような、自ら揉み上げるような読書体験。
古井由吉ならではです。
  1. 2014/05/13(火) 17:52:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「人の思い」を育むことに注目した施策や取り組み

10253983_707291049313190_1257721437401657117_n.jpg








何が課題なのか。

朝日新聞名古屋版に、静岡県の人口社会減が全国2位になったことについての記事。

主な理由を、工場の転出に求めている。確かに等閑視してはならないが、人口の社会減が何をもたらすのかについての分析がないまま、危機感を煽られても、何やらふわふわした内容に思われる。

社会減というマクロが、それぞれに住む人々の幸せや生活への意欲というミクロにどのような悪影響を与えているのか(本当に悪影響が圧倒的に大きいのか)丁寧な記事がほしい。

人口減った→あ、大変→工場誘致のため税金軽減・企業優遇→工場立地→(しばらくして)→海外移転 とかを繰り返すのではない仕組みが必要だろう。

そこには、やはり個々の「人の思い」を育むことに注目した施策や取り組みが求められるはず。

昨日は本郷で、公共コミュニケーション学会設立大会に向けた打ち合わせ。
また、お知らせしていきますね。

時間がちょうどぴったりだったので、池袋で、ウディ・アレンの『ブルージャスミン』
表面的には救いのない内容。でも、見てよかった。
先の朝日の記事に重ねれば、プライドというものの意味をゆっくりと考えさせられた。
アカデミー主演女優賞のケイト・ブランシェットはさすがの演技。
  1. 2014/05/12(月) 17:50:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本ジャーナリスト教育センター

10330316_705711596137802_4254126947413258913_n.jpg








週末ですな。仕事です。あ、無給 σ^_^;

日本ジャーナリスト教育センター。
先月の高知ジャーナリストキャンプの成果が記事になる場に立ち会います。
何やら言う係なのかな。
がんばりま〜す。

写真は、先日の成熟型成長都市研究会の写真を使って遊んだもの。
  1. 2014/05/11(日) 17:47:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浜町河岸を♪

10177874_706007686108193_5233965729976062643_n.jpg








今日は浮いた浮いたと浜町河岸を♪

浮かれ柳にはならずに、実直に歩きました。(ほとんどの意味不明な方、ググるように)

浜町区民館での、日本ジャーナリスト教育センターJCEJ のイベントでお仕事であります。

【ワークショップ】 伝わる記事の書き方をみんなで考える

今日は、JCEJ代表の藤代さんが途中から不在のため、私がロジまわりを管理。
20分遅れで始まるという悪条件のなかw、ミッションは確実に遂行されたのではないかと。

ということで、中身はほとんど聞けていませんが(;´Д`)
参加者には充実感を得ていただいたと、勝手に考えております。

自己肯定感強すぎo(^_-)O
  1. 2014/05/10(土) 17:48:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「まち」にマジになる人を増やすこと

「まち」にマジになる人を増やすことがシティプロモーションだと思っていまして。

昨日は公共コミュニケーション学会設立大会を開催する日比谷図書文化館を訪問。事前調整です。

午後からは千代田区役所でのお仕事。
でも、時間が少しある。ということで、サントリー美術館を覗いてきました。

広重や歌麿、国芳、田善など個々にはとても惹かれる作品も幾つか。
一方で「のぞいてびっくり江戸絵画
-科学の眼、視覚のふしぎ-」というキュレーション意図も面白い。

しかし、素人見では、そのキュレーション意図に比して、目前の編集結果は十分に成果をあげていないような。
ぶっちゃけ、無理がある。

午後の千代田区役所でのお仕事終えた後、旧知の友人と会食。

で、冒頭の話。
シティプロモーションはまちに関わる人々の意識変容、行動変容を目的とするわけですが、
いちばん大事なことは、そこに住む、関わる人がまちについてマジになるような働きかけをすること。

定住とか、交流とか、あるわけですが、
そこにいる人が、このまちをどうしたいと真剣に考えるようにならなければ、
表面的なおちゃらけに終わるっしょ、と。

逆言えば、すぐには人口が増えない、いや緩慢に減り続けるとしても、そこにマジな人が増えれば、常に可能性のある、ワクワクしたまちになれる。

であれば、シティプロモーションが「可視化」とともに行われなければいけないことも当然。
都合のいいところだけ見せるのでは、マジになろうとしたって無理やん。

もちろん、まずは地域の魅力というプラスの訴求から始めることで、地域に関わるモチベーションを上げる。
その上で、あわせて可視化されていた課題の解決に、ともに向かう。

それがシティプロモーションだと思ってます。
定住人口の増加とか、その派生物やろとか暴論してます。
  1. 2014/05/09(金) 17:44:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女泣かせ

女泣かせ でありました。

昨日は静岡県庁で、広報学会、公共コミュニケーション学会絡みのヒアリングをさせていただきました。
新しい学会企画も思いつき、実施に向けて検討しようと思います。

その後はNPO法人クロスメディアしまだの総会。
河原崎理事長のご退任、大石新理事長のご就任。新たな理事の参加などあり、クロスメディアしまだとしてのドメインをどこに置くのか、今後につながる議論にもなったのかと。

で、女泣かせであります。
新理事のお一人は島田が誇る大村屋酒造場の代表者!
ということで、なかなか手に入らない銘酒女泣かせが、懇親会で振舞われたわけです。

鬼ごろしの辛口に対しやや甘めであわあわと喉に染み込む女泣かせ。堪能いたしました。
  1. 2014/05/08(木) 17:43:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

成熟型成長都市研究会

10313831_704050342970594_3896888162169666231_n.jpg








府中です。
競馬ではありません。
くらやみ祭ではありません。
成熟型成長です。(この言葉の意味を聞くのを忘れました(^^;;)

成熟型成長都市研究会なるもので、主宰の西宮さんとトークしてきました。
西宮さんは府中市の市会議員さん。
知己の細川 甚孝さんのご紹介で。

シティプロモーション。
講演ではなくトークだったり、10人ほどでのセッションで質問もたくさんもらえたりで、緩く、深く、楽しゅうございました。

「高齢の方にはFacebookでのアプローチは効果的ではないのでは?」とのご質問。
「高齢というと何歳ぐらいの意味でしょう」(私)
「50歳とか」

高齢=50歳とか、50歳とか、50歳とか…以下、リフレイン、フェイドアウト。

ところで、帰りの新幹線。
ニコ動からiPadに落としたアニメ『シドニアの騎士』第4話にて佳境であります。
  1. 2014/05/07(水) 17:41:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「波瀾万丈」

1907627_703545943021034_2775917730955056326_n.jpg








この2日間のサマリですが「波瀾万丈」です
実家に2時間ほど顔を出しました。

映画を2本。ただし、iPadでhulu。
『ウエディング・シンガー』ロマンチックコメディ。面白かったです。
『あるいは裏切りという名の犬』フランスのフィルムノワール。GJです。
写真はこちらのポスター

アニメを2本。こちらはニコニコ動画。
『ブラック・ブレット』と『蟲師 続章』それぞれによいです。

Eテレ日曜美術館で北斎漫画。改めてニヤリ。

古井由吉『半自叙伝』読み終えました。
古井由吉『鐘の渡り』途中まで。
この緊張しているような、たゆたうような文体と構造大好きですな。

行政広報論、プレゼンテーション基礎・応用の授業準備は、念入りに。
パートナーシップ大賞事例集の原稿手入れしましたが、こういう文章は苦手かも。

5/14サンケイリビングでの60分講演用資料作成。シティプロモーションの最近事情ということなので、事例をいくつか入れ替えました。

学科のメディア活動「おおねさんぽ」について、新しいWebサイトを建ててみました。これから、学生と整備。
ま、楽しくできれば。

以上、ほとんどが机の上での波瀾万丈であります。

世間が動かないときには動く。
世間が動くときには動かない。
  1. 2014/05/06(火) 17:40:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

流山市のグリーンフェスティバル

10342832_702482333127395_9020920747587342079_n.jpg








昨日は暑かったですね。

流山市のグリーンフェスティバルへ。
仕事です(^^;;

WOMJメソッド委員会メンバーとゼミ生3人で参加者へのインタビュー。

お住まいの市町村について、市外の人へ、どの程度オススメするのか、そのことについてのエピソード収集。

流山市への居住オススメ度が高い方からは、「ベビーカーを押していくときの歩道の歩きやすさがとてもいい。前に居住していたまちとはずいぶん違う」とか、「都心への通勤に乗る電車は座れはしないけど、ゆっくり立っていられるのはいい」などの言葉。

こうした具体的表現が、誰が話したのかと関連しながら、聞いた方への訴求力をどのぐらい持つのだろう、なんて考えていくつもりです。
  1. 2014/05/04(日) 17:38:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

持つべきものはOBと学生ですな。

持つべきものはOBと学生ですな。

昨日は行政広報論とゼミに
Hiroko Harada原田さんが参加。

ゼミはフリーペーパー班と流山市フィルムコミッション班。
まだまだ。

意見を裏打ちするデータの重要性や、A→Bという短絡発想ではなく、インプット→アウトプット→中間アウトカム→…→最終アウトカム→成果というロジックモデル、その中で当該事象をどう位置づけるかを認識することの重要性を示しました。

ゼミ後に発表班が振り返り検討を行っていたのですが、自分の発表が悔しくて、涙を見せてる学生も。
素晴らしい!

それをOBの原田がフォローする。素敵!

ということで、3人で居酒屋へ。
皆、笑顔になって、再会を約しました(^^)
  1. 2014/05/03(土) 17:37:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高知市立自由民権記念館

10294296_701381403237488_707252321450242747_n.jpg








メガネ直しました。324円でした。
ついでに弦のネジもサービスで換えてくれました。
お茶もいただきました。
恐縮です。

高知市立自由民権記念館から封筒が届きました。
落とした名刺入れが入っていました。
私が先に問い合わせた時に「探してみます」と話され、その後「見当たりませんでした」と電話で返電された方からです。
「見当たらない」と答えられたことを謝罪するメッセージが入っています。
泣けます。
落としたのは私で、負担をかけたのも私ですから。

ところで、
自由民権記念館へ行くと、今の日本国憲法が、どのような歴史的、国民的な根拠に基づいているか。
単なる、米国からの押し付けなどではないことを強く実感します。

一方で、なぜ、そのような澎湃とした民権運動が瓦解したのか、明治政府の圧政だけではない、内部からの崩れにも気づかされます。
そこに「人間」がいるようにも。

植木枝盛、中村兆民。しっかり学びなおしたいなと思っています。

二つめの「ところで」
公共コミュニケーション学会(PRAS)の設立大会。昨日で参加募集定員まで残り5人になりました。
ありがとうございます。
  1. 2014/05/02(金) 17:35:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恋は手作り

10172672_700609413314687_4746901578215407370_n.jpg








恋は手作り

流鉄流山線を走る車両には恋シートがあるわけです

昨日はWOMJメソッド委員会のフィールド調査の打ち合わせで、流山市へ。

都市には「この街を大好き」というコアなファンがいます。
彼らによって示された推奨コメントはどのような影響力を持っているのか。

誰に。どんなシーンに。どんなコメントが。…。それぞれを明らかにしてみようと思っています。

で、流山市フィルムコミッションが進める「恋届」。
そのキャンペーンの一環である流鉄流山線の恋シート。
手作り感溢れ過ぎてます。
  1. 2014/05/01(木) 17:32:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

04 | 2014/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。