河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『遠距離交際と近所づきあい』

最近のブログ投稿ネタにもなっている西口敏宏著『遠距離交際と近所づきあい』を読み終える。

西口は、日本経済新聞「経済教室」に書いていた、スモールワールドを中国温州の事例に適用した内容(2004年)で夙に注目していた研究者。
本書は、初出のものをまとめなおした記述が多く、その意味では既知の内容が多い。

とはいえ、トポロジーという視点は情報基盤を考えるために勉強になる。
また、スモールワールド理論やそれに関連してのリワイヤリングやロバストネス(頑強さ)、クラスターなどの概念を、eコミュニティ・プラットフォーム、地域ブログポータル、地域SNSに、あらためて当てはめ考える機会も得た。

eコミュニティしまだに引き寄せて考えるなら、フラクタル連鎖はセルポータルと共有ポータルの関係にも一定の重なりがあると考える。また今後検討する、自発的な「編集ポータル」の存在によって、さらに「連鎖」が明確になることにも期待している。
(余談ながら、自発的な「編集」ということでは、最近のTopix.comの動きにも注目している)

また、フラクタル連鎖は、私が多様な考察の基礎にしている地域経営システムの模式図にも重なって考えられる。(地域経営というシステムを担うエージェントである行政や企業、非営利集合もまた一枚岩のセクターではなく、内部に関係構造を持つシステムであるということ)
さらに、これらは、半自律的な構造という定義を持つ「モジュール」の思考にもつながっていくだろう。

もともと遠距離交際と近所づきあいという発想自体が、結果的にはeコミュニティしまだの基礎になっている。
ここで脳裏に浮かぶのが、eコミュニティしまだで意識的に取り組んでいる「管理人のぶろぐ」でもある。管理人のぶろぐについても、再度あらためて上記を考慮して取り組んでみようと思う。

一方、地域SNSについていえば「同じ組織の近所づきあいだけのリワイヤリングは・・・リダンシー(重複)が多く、遠くからの冗長性のない情報が伝わらないため、仲間うちのなれ合いに終わる」という記述を重要なものとして意識すべきだろう。

最後に、私がソーシャルキャピタルを検討するに際し、重要な評価要素と考える、「取引コスト」について言及されている部分も参考になったことを附しておく。

スポンサーサイト
  1. 2007/04/06(金) 23:44:28|
  2. 読んで,書籍・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「巨大SNSと小規模SNS」を読んで

松永英明氏のブログ「絵文録ことのは」にある巨大SNSと小規模SNSを、参加しているMLの投稿に教えられ読んでみました。

「絵文録ことのは」を通読しているわけではないので、松永氏の考え方そのものへのコメントと言うことではなく、あくまで、その断片としてのこの記事について考えたことを、これもMLに投稿したので、ここにも概略を再録してみます。

___________

確かにブログの議論に頷ける部分があります。

一方で、せっかくの分析にもかかわらず、結論が小規模SNSと巨大SNSという対比になってしまっていることには、大規模SNSであるmixiとgreeの違いについても言及されているだけに、違和感も残るところです。

もちろん規模の大小はきわめて重要な対比軸だとは思いますが、小規模SNSでさえあれば、そのなかでの、あるいは、それをきっかけとしての「人や組織のつながりかた」が皆同じということはないでしょう。

SNSの作り方もありますし、運営の方法もあると思います。それによる「つながりかた」の違いも生まれるはずだと考えます。

実際にも、「ごろっとやっちろ」と「ちよっぴー」「VARY」が形成する「人や組織のつながりかた」は異なるようにも思います。

ひょっとすると、小規模SNSと呼ばれるものの一部とmixiのヨコハマコミュでは「人や組織のつながりかた」が相似するものもあるかもしれません。

さらにSNSではないプラットフォームでも「人や組織のつながりかた」においては、ある一部のSNSと相似することもありそうです。

そうした点は、ワッツ・西口のスモールワールドとかバラバシのネットワーク理論、青木のモジュール化の視点等々から、異同を抽出していく作業が必要になるでしょう。

と、なれば、今後の議論に期待されることは
・大規模SNSと小規模SNSは違う
・小規模SNSも意味がある(だから使いましょうorやめましょう)
ということの確認ではなく

どのような「人と組織のつながりかた」を支援する、どのようなプラットフォームが、(それがSNS、あるいは小規模SNSと呼ばれるものか否かはともかくとして)地域のために、地域がうまくやっていくために有意義なのかについて少しでも知見が生まれ、実際の活動のヒントになるかだと思っています。



  1. 2007/04/04(水) 22:23:18|
  2. Webから|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソーシャル・キャピタルを築くために

nomadさんから、「二番煎じのプラットフォーム談義」にコメントをいただきました。
いつもありがとうございます。

> インフラ屋の僕から見ると災害時の通信手段というのは単純な順に回復していきます。
> 口コミ→ラジオ→アナログ電話→携帯電話/携帯メール→TV→Web
> て感じですかね。
> ネットは確かに便利ですが、回線、電気、サーバが回復しないと利用できないんです。

通信手段という意味ではnomadさんのおっしゃるとおりだと思います。
災害時、とりわけ直後にWebがフルに使えることを前提にプラットフォームを考えてもしょうがない。
かえって弊害が大きいでしょう。

むしろ、私は災害時に役立つ人間関係(それを、信頼・規範・互酬性からなるソーシャル・キャピタルと考えてもいいと思います)を、平時から築くための情報交流基盤を、ICTを活用することで作ることが可能なのではないか、そうしたプラットフォームについて考えていきたいという思いを持っています。

そうしたプラットフォームは人間関係の形成にとどまらず、グループ間関係、グループと人間の関係を築くにも有用なものとして作られる必要があるし、さらに、キーとなる人が育つためにも有意義でなければならない と思っています。

そのための、プラットフォームがどのようなものなのか、をeコミュニティしまだなども素材に考えているわけです。

地震を感じたときに、多くの人がそれぞれに「あ、彼は大丈夫だろうか」と気になる人が地域の内外で増える。それだけでも意味があるのではないか、それを支援するプラットフォームの在り方を考えていきたいと思っています。

  1. 2007/04/03(火) 23:57:17|
  2. 身の回り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

二番煎じのプラットフォーム談義

今日は茨城県つくばで災害リスクガバナンス研究プロジェクトの打ち合わせ。
その場で言ったこともいろいろあるんですが、ま、今日は昨日書いたことの二番煎じを。

と、いうのも、参加しているMLに書いたことの大意と、昼に問われたeコミュニティ・プラットフォームの要素ってことへの回答をまとめておきたいので。

-------------------------

問題は地域SNSなのかどうかということではないでしょう。

どのような要素を持ったプラットフォームがあれば、地域の人々の自律的な情報発信が(それも、必ずしも「公共」などと肩肘張ったものではなくても)結果的に地域の課題への気づきを生み、それを少しでも解決するための施策(サービス)の束を生み出す、そうした地域経営を支援できるかということだと考えます。

※地域課題を解決するための施策(サービス)の束、それが「政策」だと考えてもいいでしょう:政策も政治・行政に独占されるものではないのだから。

そのプラットフォームの要素として、例えば私は次の4つのものを考えています。
①関心をともにする集まりを基礎とした構築及び運営
②それぞれの情報発信が可能となる場所が用意される
③それぞれの情報発信ができる限り共有され「見える」化される
④その見える化に基づき、オフラインを含めた連携が可能となる

あるいは他の要素を提起される方もいらっしゃるでしょう。
しかし、いずれにしろ、それぞれの情報発信が楽しいものになることで地域の情報がいつの間にか集積され、見える化や連携の仕組みによって「気づき」を生みだし、さらに、もっとも大切なオフラインの課題解決や人育ちにつながる。

地域SNS一般について語るのではなく、そのプラットフォームが上記を満たすことができるのか。満たすためには何が必要なのかを考える機会があるといい。

それは、おそらく単なる「居心地のいい場所作り」ではないようにも思います。(それが基礎となるとしても)

それが地域SNSだろうと電子会議室だろうと電子町内会だろうとメーリングリストだろうとwikiだろうとブログポータルであろうと。あるいはその複合形であろうと。それ以外の何かであろうとも。それは後で考えればいい。【既存の何かを検討のための基礎とすることは当然あり得るとしても】

もちろん、それぞれのツールとしての特徴はあるでしょう。
私の専門はそれを分析することでもあります。

しかし「地域経営」、その重要なアクターとしての市民活動が、どのようなプラットフォームを得ることで、よりよいパフォーマンスが可能になるのか。そうしたことを考える機会が必要だと思っています。


  1. 2007/04/02(月) 23:01:39|
  2. 研究会とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

新年度です「ICTを活用した地域プラットフォームのトポロジー」

今日から、大学は新年度。
年度も色々あるけれど、前職も現職も4月-3月が年度ということで、それなりに思い入れのある4月1日。
とはいえ、今年の4月1日はおとなしく在宅。
いくつかのtodoは片付けたけれど、これと言ったことはありませんでした。

ということで、前年度の話になってしまうけれど3月の29日に横浜で公開トークセッション「横浜のコミュニティデザインとSNSの活用」に参加して、トークしてきました。
パネルなんですが、例によってそれぞれしゃべって時間切れという感じ。
私にも責任はあるんですが^^;

トークのタイトルは「ICTを活用した地域プラットフォームのトポロジー」
あえてトポロジーなんて語句を使ったのは、地域SNSにしろ、電子会議室にしろ、ブログポータルにしろ、どうも、それぞれのことばの違いにとらわれて、トポロジー=つながりかたの構造(参照『遠距離交際と近所づきあい』西口敏宏)の異同について考えられていないんじゃないかと思ったから。

このトークセッションも「地域SNSはいいねぇ」になりそうになるのを、「ちょっとオブジェクション」ってスタンスで臨みました。
地域SNSかどうかではなく、どのようなつながりかたの構造になっているのか、そのつながりかたの構造(の違い)が、どのように地域経営に違いを作るのかという視点を持とうぜ というつもり。

地域SNSって一言でいってしまうのは怪しいと思っているわけで。この思いは共有されていることも多いんだけど、じゃ、それぞれはどう違うの、っていうのを「トポロジー」という発想で捉えられないかと思っているわけ。
それによって、電子会議室と地域SNSは違うという議論ではない、どこにつながりかたの違いがあり、同じ部分があるのかが了解できるのでは?
そうすれば、地域SNS【a】と電子会議室【b】は同じトポロジーで、地域SNS【a】と地域SNS【c】は違うトポロジーってこともあるわけでしょう。

eコミュニティしまだを代表とするeコミュニティ・プラットフォームも、その視点で分析できるはず。
というか、トポロジーという言葉は使っていないけれど、そんな論文も提出中です。
じゃ。

NHKスペシャル「激流中国」を視聴しました。うるっときました。この格差のままで、あの国はやっていけるのか。素朴な感想です。


  1. 2007/04/01(日) 23:24:16|
  2. 研究会とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河井孝仁

03 | 2007/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。