河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

行政広報・自治体広報・協働広報

ハラヒロさんから記事に素敵なコメントをもらいました。
サンキュ!です。

>地域という限定された土地とSNSという新たな人間関係の構築の目的のマッチングは結局のところ矛盾点が生まれている

これは、そうとういいところを突いているかも。ただ限定された土地でも人間関係は網の目のように張りめぐらされているわけではない。
しかし、閉じた形の人間関係(というか意見交換を)ゴロゴロ、地域に増やしていくということが、地域にとっての安全装置にはならんだろう という意味で解けば同意。

うん、ハラヒロさん、よく勉強してます。

nomadさんからも同じ記事に再コメントいただきました。ありがとうございます。
ここでの
>メディアの持つ性質の違いをどういうふうに取り込んで利用するか、考えないといけないよね。
にも関わって(と自分では思っている)、以下の文章を書きました。

これも、MLに投稿した内容の再録です。

行政が、行政の広報紙(誌)を一生懸命作って、行政のお知らせや地域の紹介をしているわけで、それは重要なことですよね。

で、「わかりやすく」伝えるためには ってんで、イラストの入れ方とか、見出しの付け方とかという講習も行われたりしています。

でも、そのとき、行政が発行・管理・発注する媒体ではない、地域の媒体と、どのように連携して行政情報 地域情報を伝えようとしているのか という部分は、どのように考えられているのか。

行政からの委託が協働ではないんだろうという古色蒼然とした議論も踏まえつつ考えれば

それぞれに自律、自立した地域のメディアと行政がどのように付き合って、どのように利用しあって、広聴とか広報を行うのかという発想が重要だろうと思っています。

卑近な例では、フリーペーパーをどう利用するのかということもしっかり考えてほしい。

このあたりは、従来、行政は広報について、すべての人に遍く、均一な情報を伝えていくことを重視していたのかもしれない。(今でも基本だけど)

それに加えて、フリーペーパーとかを考えれば、どれだけセグメントした情報を相手を選んで出すのかという発想も重要ですよね。(フリーペーパーの最大の強みはセグメンテイションだと思っている)

Webでは三鷹市さんを嚆矢に、訪問者が市民なのか旅行者なのか企業なのかで入口分けたり、ライフステージごとの切り口を作ったりしているのはこれでしょう。

ただ、これはあくまで行政が発行・管理している媒体での話。

Webでも、民が自立・自律してやっている地域ポータルとか、コミュニティサイト、ブログポータルとどのように付き合って広報・広聴に役立てるのかという発想がもっとあっていい。

さらに、そうしたデモグラフィックなセグメントでは地域の人の生活や意識の多様化の中で意義が薄れてきている。だからパーソナルな部分への広報・広聴が必要だということになる。
こうなるとオプト・インとかパーミッションとかの問題は出てくるわけだけど

例えばWebでは柏崎市や岐阜市のマイページサービスなんてのも、この発想だろうと。行政がつくる地域SNSも、そういう部分で評価することも可能。

でも、これも場を行政が作ってるわけだよね。わざわざ行政のマイページを見に行くんじゃなくてmy yahooやgoogleのマイページで一覧化したいとか。

あるいは、民設地域SNSの個人ページで見たいとか、eコミュニティしまだで言えば自分の参加するセル・ポータルで見たいとかあるわけだろうと。そうなれば、自分だけの「編集」ではなく、多様な形での編集も期待できる。=この項はMLにはなく、ブログで追加。

さらには、地域企業のサイトに関連する行政情報なども載せることが出来れば、けっこうイケテルんだと思う。

そうしたときに意味を持ちそうなのがRSS配信ではないか。実は自治体サイトRSS配信率は、上場企業サイトのRSS配信率より高いんだよね。(とはいえ10%いっていないが)

名古屋市なんかは積極的です。
でも全体としては、このRSS配信をどういう意味をもって行っているのか。十分に意識できているのか。

個人サイトでしかRSS受信はしないようになどと言う「注意書き」のある自治体があって、よくわからない・・・・・。

営利も含めたサイトと、どのように連携する、連携してもらう。さらにそこでの編集に委せる、期待する(=ブログで追加)ことで、広報・広聴を行うのかという戦略は考えてほしい。そのうえで、地域SNSの「非可視化」の持つ課題も考えてもいいんじゃないか。

行政がきれいに整形して食べやすくした情報をどのように届けるのかという広報の発想ではなく、新鮮な素材をどのように出し、民に料理してもらうのかという、いわば「協働広報」の発想もあっていいと思っている。

民も、いい素材があれば、十分に美味しく料理する。

そういうふうに「ユニバーサル広報→セグメント広報→パーソナル広報」という重層(移行ではなく、あくまで重層)の中で、自律・自立した地域メディアとの協働が意味を持つ

そこにおいて、ICTをどう使うのかという考え方がありかなと。

行政の場で「双方向型」にしたから情報の共有化が出来て協働の土壌が耕されるか というと、そんな単純でもないような。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/15(木) 01:22:51|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

インフルエンザ

はじめて変調に気づいたのは、新潟県長岡市で、市民生活交流ネットワークさんというNPOの方にお話を聞いているときだった。乾いた咳がいくつか出ていたこと、一方で嫌な予感がしていたことを覚えている。
午前の、この調査終了後、調査員で昼食を取っていたときにはもう「いけない」感じがしていた。
それでも、風邪かと鍋焼きうどんで身体を暖めるつもりが、気分の悪さは続く。午後の調査が16:30からだったことで、いったん宿に戻ったが、もうはかばかしくは動けず、ベッドに横になっていた。
その後、の住民安全ネットワークさんの調査をなんとか終え、夕食を外で食べたときには、いったん立て直せそうな印象もあったが、そのまま恢復の方向は見えなくなり、翌日の単独調査は、ほとんど、やみくもな状態だった。
そういうときに限って、タクシーにコミュニティセンターの行く先を告げるも、まったく異なる高齢者センターで降ろされ、10分以上も、高く積み上がった雪の分けたような、なんとか歩けるだけの幅の踏み固めを進む破目になった。
3日目の行政調査は断念。新幹線を乗り継ぎ、帰宅し、医者でインフルエンザの診断を受ける。
タフミルという特効薬のおかげで、熱は下がったが、結局体調が戻るには1週間を超える期間が必要になった。
そんな2月前半が終わる。
  1. 2005/02/15(火) 00:54:29|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

代々木

代々木あたりのフレッシュネスバーガー。時間待ち、ちょっといい雰囲気
050201_101601.jpg050201_102001.jpg
050201_103501.jpg

  1. 2005/02/01(火) 10:19:44|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

以下署名なんです

最近、覚えたユニバーサルデザインが「以下署名」。
具体的には下のようなもの。

(以下署名)_______________
河井孝仁 KAWAI Takayoshi
<BZB14506@nifty.ne.jp>
○○機構 ××グループ研究員
個人HP http://homepage3.nifty.com/tacoh/

視覚に障害のある方が読み上げソフトを利用している際に、「以下署名」が出てくる。
既に知っている内容であれば、それ以降は聞く必要がないということになります。
視覚に障害のない人にも、よくわかる。

最近、メーリングリストに書き込まれていて覚えました。
Teruko's Websiteでも紹介されています。
このTeruko's Websiteは、その他にも、いろいろwebのユニバーサルデザインに触れています。

長女がユニバーサルデザインに興味を持っています。
こんなところにも、あるんですね。ユニバーサルデザイン。

皆さんもどうぞ。


  1. 2005/01/28(金) 23:55:00|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ウギウギでいこう

 ことばと発達の部屋ウギさんが出している個人誌「ウギウギで行こう」に、「ぽろりと一言」という駄文を連載しています。
 こんど、「ウギウギでいこう」1月号が発行され、私の「ぽろり」も掲載されたので、こちらでも紹介します。
 とはいえ、ずいぶん前(昨年)に書いたものなので、もうトウが立ちすぎていて旬の味がしませんが、そこは御寛恕。

 では「ウギウギで行こう」1月号「ぽろりとひとこと」です。

  1. 2005/01/27(木) 23:53:57|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。