河井孝仁のシティプロモーション日記とか

2010年05月01日(土)

日経。細野民主党組織委員長「幹事長室一元集約された陳情への回答を原則全面公開」とのこと。陳情も回答も公開し、民主党や政権から離れてソーシャルに評価する取組みあっても面白い。誰が阿呆な陳情したか、素敵な陳情なのに何故拒否られたか等を考えるのは、まさにリテラシ養成 [考察]

日経。今日の「低温世代の経済学パート2」はちょっと面白い。マイクロファイナンス、エコマネー、コロプラ契機のつながりなど。何が経済の流れを起こすのかって問いへの、プチ回答の試みが、当事者目線で書かれているような気がする [スクラップ]

三井物産が静岡や笠松など3つの刑務所運営を法務省の行った官民競争入札を経て受託とのこと。日常業務や職業訓練は関連企業や他企業との連携で行う由。詳細確認しておいたほうがいいかも [スクラップ]
  1. 2010/05/13(木) 23:28:51|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2010年04月26日(月)

日本広報協会。9月に奈良で行う講演の打ち合わせ。シティプロモーションについて、事例を中心にとのリクエスト。その後、話は飛んでベーシックインカムや、道府県という存在の融解・非政令指定市との垂直合併の可能性など意見交換 [交流] [講演]

MJに美人時計の記事。参加型コンテンツとして紹介。確かに。美少女図鑑系の隠れた魅力発掘にもなるはず。多様なコラボ可能な「無色」なコンテンツとしても評価できるかな。あとデジタルサイネージとの連関も [スクラップ]
  1. 2010/05/13(木) 23:27:19|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2010年04月23日(金)

朝4時起きで今日の行政広報論準備だん。授業コメントへのリプライの後、愛知県東海市のまちづくり指標を事例に「新しい公共」、地域経営、NPM、PPPなどのまとめ。で、上記踏まえて、いよいよ「なぜ行政広報論を学ぶのか」を腑分け。という流れにしてみたが。 [授業]

新入生向け広報メディア基礎演習。水島久光さんと二人で掛合い授業。面白し。テレビは生き残るのか、「テレビ」とは何なのか。ハバーマスの公共圏、アンダーソンの想像の共同体。初音ミク現象とは。ニコニコ動画の時報にみるコミュニティデザイン、デジタル化と民主主義等々 [授業]

島田市中心市街地交流拠点施設専門委員会。基本計画素案。一時、議論がモノとしての書籍量、個人閲覧面積という狭義の図書館建設論に終始しかけたことを考えれば、児童センターや市民・多世代交流施設、情報加工・発信スペース・機能を包含した素案になったことは評価 [委員会]
素案では階層別用途への非固執、コンセルジュ的な情報提供機能充実、多様なオープン化、柔軟な活用可能性、機能連係への注目等「成長する施設」いわばメタボリズム(新陳代謝)の発想に依拠した施設として考えられる。建築学におけるそれとは異なるが [委員会]
ということは、施設開設後、どんな運動(経営・運営)を行い、栄養(資源)を摂取するのかに、この施設の「新陳代謝」はかかっていることになる。注視し、必要に応じ意見を述べていかなくてはならない。 [委員会]

事業仕分け。USTで見ているが、授業やら何やらで細切れになりそうだ。あとでハッシュタグでざーっと確認するか [日常]

今日のゼミ発表素材はツイッターとアニメ。ツイッターについては研究目的模索の段階。今日の議論うけ、方向性出てきたとのことなので次回は明確にと指導。併せてゼミ参加者は全員ツイッターのアカウントを取り、ゼミでの知見を#kawai_semiでツイートするように依頼 [ゼミ]

ゼミ続。北大岡本氏論文基礎にアニメ聖地巡礼による地域効果サマリ。大河ドラマとの違い。偏った性別・年齢層による影響。地域プライドとの関係。サマーウォーズ型と、らき☆すた型のもたらすものの違い、地域発展とアニメ人気化の螺旋進行の有無など議論 #kawai_semi [ゼミ]
  1. 2010/05/13(木) 22:46:49|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2010年04月22日(木)

浜松子育てネツトワークぴっぴ研究打合せ。転入者や多胎など子育て困難者が必要とする(望ましい)情報とは何かを調査し、そうした情報の充実は居住意欲に影響するかを明らかにする。併せて研究の工程に、子育てに関わる人材育成を可能とする仕組みを組み込むこととした [研究会]

浜松子育てネツトワークぴつぴでの研究は、受託ではなく被委嘱の体制になる方向。私にとって研究の内容・費用の可塑性は小さくなるが、事務軽減となり前向き。いささか研究の輻輳が気になる現状では歓迎だな [研究会]
  1. 2010/05/13(木) 22:45:12|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2010年04月20日(火)

子育ての社会化からは、バウチャーによる子ども手当支給、支給分の課税、配偶者控除廃止、扶養控除見直しはありだと思う。あわせて納税者番号制導入で事務経費を抑制することも必要だろう。課題はバウチャーを使用できる範囲になるかな。場合によっては利権にもなっちゃう? [考察]
  1. 2010/05/13(木) 22:44:13|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search