FC2ブログ

河井孝仁のシティプロモーション日記とか

公共コミュニケーション学会理事会・総会・シンポジウム・情報交換会

先週も例によってぼちぼち。
あまり遊んでない(T ^ T)

昨日は午前中に根津美術館。古美術の見方ということで、寒山拾得や白衣観音、伊勢物語、張果老、達磨、布袋など、よく現れるモチーフをテーマに。楽しき。

火曜日は宇都宮市で栃木県内自治体職員広報研修。メディア活用戦略モデルを中心に。
水曜日は大阪府池田市でシティプロモーション研修。地域魅力創造サイクルを中心に。
いずれもありがとうございます(^^)

木曜日は霞ヶ関・厚生労働省でハラスメント防止広報に係る委員会。専門外のことも多く学びになります。
大学での授業・ゼミ。行政広報論では、「地域が無くなると困る人っているんですかね」というラジカルな問いをして学生を困惑させる。「あたりまえ」を一旦疑わせた上で、次のステップに自ら登ってもらう手立て(^^)

後に、虎ノ門ヒルズへ。WOMJメソッド委員会。クチコミまわりの用語定義とインフルエンサー調査を中心にディスカッションしました。

金曜日は静岡県牧之原市へ(写真参照…わかるひとにはわかる(^^;;)。シティプロモーションアドバイザーご依頼絡みの話。副市長に私の考えるシティプロモーションのあり方について提起し、一定のご賛同は得たのかな。

土曜日は東京・御茶ノ水のデジハリ大学院。全国各地域で最も人口の少ない村7村の連携イベントについて。大人たちにはおもしろいアイデアもあったが、企画者からは学生発想主導で進めたいとのこと。ふふ。ま、いろいろ。

学生へはまず枠を示し、その上で、その枠を破る発想を期待するほうが生産性はあるんじゃないかと。野放図に「考えて」と言っても意外と当たり前の発想しか出てこない気がする。

昨日は公共コミュニケーション学会理事会・総会・シンポジウム・情報交換会。
新たな理事選任もできた。今後の学会体制整備に繋げたいですな。
総会・シンポジウムには北海道から九州まで多くのメンバーが集まってくれた。シンポジウムのテーマは「AIは公共コミュニケーションを進化させるか」。興味深し。

野崎理事によるキーノートスピーチでの「課題ドリブンから技術ドリブンへ」という指摘は重要だと思う。
自治体の政策が、結局のところ穴埋めに終わり、新たなイノベーションに繋がらない理由もここにありそう。このことは不肖私めが提起する「課題ドリブンから魅力ドリブンへ」というシティプロモーションの提起にも繋がっているんじゃないかなと。

そのあたり、シティプロモーション3.0という発想にも関わってきますね。
  1. 2019/07/08(月) 22:40:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

光のお父さん‼️

光のお父さん‼️
あ、頭👴✨のことじゃないです
頭のことなら、私は「光のお爺さん」なので。きっぱり。

映画『映画版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を見てきました。小品だけど悪くないです。ゲーム画面も大事ですが、ゲーム映画ではなく家族映画でした。吉田鋼太郎好演。
意外とオススメ

金曜日は福島県伊達市。市職員向けのシティプロモーション講演。いかがだったでしょうか。
丸森たかこさんに会いに行ったわけではないはず。

夜、新宿で理事を務める大阪のNPO理事長さんからのご報告を受け、意見交換。
もっといい場所で会わなくては。

土曜日は研究室。支援している学科のメディアプロジェクト新入生歓迎会でタコパ。楽しく過ごした。1年生が一人。他学部生も二人。新たに参加してくれたので、彼らにも参加した意義を創っていこう。

日曜日は自宅。出版予定の『シティプロモーション2.0』(仮)の目次設計。2016年の『シティプロモーションでまちを変える』、2017年の『「失敗」からひも解くシティプロモーション』からの新たな展開を書いていきたい。
しかし、目次設計のはずが構造化できず単なる羅列になってしまっている。ダメだorz。

今日は大学で授業とゼミナール。今ひとつマネジメントできなかったかなあと…ダメだorz。
ゼミ後に六本木へ。日本PR協会のお仕事。ま、ぼちぼち。

ちょっと追われてる気分があるのはなんだろうな。クールダウンしようっと。
  1. 2019/07/01(月) 22:39:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

長崎県対馬市に行ってきました

サロンパスを21枚も身体に貼ると副作用出ますか?

長崎県対馬市に行ってきました(^^)

日本原産種に近い対州そばの実で作られた対州蕎麦をもりで。漁獲量日本一のアナゴを天麩羅で。刺身盛り合わせは地酒白嶽で。もちろん美味。

対馬博物館がまだ開館してなかったのは残念でしたが、対馬藩主の宗氏菩提寺でもある万松院には、国指定文化財になっている山門、朝鮮から送られた三具足。

百雁木の階段をえっちらおっちら登った先には、国内でも有数の規模である歴代藩主・正妻・側室・子どもたちの墓所である御霊屋。

当時の幼児がどれだけ亡くなったんだろうと思わせられます。最盛期の殿様の隣に同じぐらいの大きさで正妻の墓、少し小さめになった側室の墓も隣にありますが向いている方向は90度ずれています。なかなか想いをいたさせますな。

深遠な雰囲気を醸す杉の巨木。

李王家宗伯爵家御結婚奉祝記念碑は、第二次大戦前の歪んだ日韓関係による悲劇を窺わせました。各々の国に住む人々相互が尊重しあうことが大事です。今の日韓関係を考えても。

対馬藩初代藩主宗義智公之像のある厳原宮谷・中村地区武家屋敷群の跡。
そこから歩き、相当に登って雨森芳洲墓所に詣でました。脚ぱんぱんです。
樋口一葉の師匠である半井桃水の記念館が休館だったのも残念。

十万石格と言われた対馬藩の当時の財力や、江戸期の日本外交にとっての位置、その後の変転など、多くの看板にハングルと日本語が併記、いやむしろハングル文字のほうが大きく書かれているまちを歩きながら考えていました。

帰路に、朝鮮通信使に関わる内容が中心となった『対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びと』(山本博文)を読了。さすがに臨場感もあって、楽しく学べました。
国書偽造を含めた対馬藩のしたたかさと、江戸期の繁文縟礼、一方でその意義。日朝両国というか幕府・対馬藩・朝鮮による外交的駆け引き。雨森芳洲らの活躍。

対馬における韓国からの観光客、交流者については、他の地域のインバウンドに関わる議論とは、また違う視点がありそうです。あらためて、歴史の時層、知層を掘り出していくことが、地域に関わる人々の意欲亢進に繋がるだろうと考えています。

やはり、私ごときの研究は、脚と頭と心でなんとか形にするしかないですな。ま、全て私費なので悠々と楽しんできました。
  1. 2019/06/27(木) 22:37:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わからないことに貪欲になれ

今日の授業。「わからないことに貪欲になれ」と叱咤。わからないことをわかったふりしてスルーしても成長はないよと。わからないことを懸命に探すことで新しいステージに入れる。わからないことは恥じゃなくて、可能性だから。
ま、偶にはセンセらしいことも言う。

金曜日に雑誌の新しいミニ企画の件で出版社と打合せ。議員視点からのシティプロモーションについて少々追求してみたいな。

土日は地域活性化センター集中セミナー「共創参画を促すシティプロモーション~人と地域をつなぐ編集の仕掛け~」に参加。
影山 裕樹さん、田口 幹也さん、杉浦 裕樹さんの前座で少し語り、パネルディスカッションで迷コーディネーターを務め、ローカルメディアとシティプロモーションにブリッジをかけようとはしてみた。
授業テキストに使ってる書籍著者の影山さんからは新しい知見。
田口さんが拠点にされて、いろいろと動かしている豊岡市はほんと面白そう。
杉浦さんが寿町の話をしてくれて、これが「誰にとってのプロモーションなのか」という視点からも大事なところ。

以前からの知人もいて、また新しい知り合いも増えた参加者の皆さんとの懇親会では、とっても楽しい意見交換ができた。
翌日は、地域魅力創造サイクルのワーク。そこそこ楽しんでくれたようで、まぁ、よかったかな。

神宮現地は1勝1敗でした。
立川武蔵『最澄と空海 日本仏教思想の誕生』読了。いい読書になった。

ところで、研究室で『長閑の庭』を読んでいるとセクハラになる可能性はあるのかな。
  1. 2019/06/24(月) 20:56:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ギュスターブ・モロー展

ここ二、三日。例によって大したことはしてないわけで。力みかえっているのも辛いだろうと自己弁明しつつ。楽に流れる日々ですな。仕事しろよ。

パナソニック汐留美術館のギュスターブ・モロー展に行ってきました。代表作としては『出現』ぐらいかなあと思いますが、いい展覧会です。
『出現』の白描って後年に書き加えられてるんですね。あれがあるとないとではずいぶん違う印象でしょう。
まぁ、女性の深底は恐いですよ〜という絵画群であります。むべなるかな。ヨハネは憎まれてしまったのか、愛されてしまったのか。そのあたりの合わい目が面白そうです。

順調に敗れているスワさんですが、神宮では勝負だけではない、いいゲームを見せてもらえました。というより唐揚げ祭りを堪能してきました。もぐもぐ。ぱりぱり(←鶏皮せんべいの音です)。カーン(←対戦チームのホームランの音です)。

研究室に日本経営協会の方、まきのはら産業・地域活性化センターの方、連日のご来訪、感謝です。NOMAの方は公務能率研究会分科会の打合せというかアイデアヒアリングみたいな感じなのかな。牧之原市は官出資・民主導のシティプロモーションについての作戦会議というか、そこへの道筋確認というか。
いずれも私ごときの意見をお聞きいただき恐縮至極。少しは面白いことも言えたかな。

そういえば大学基準協会というところに行ってきました。ほにゃらら委員みたいな感じ。それなりに大事な話なんでしょうな。まさに不肖であります。

オリンピックのチケット。ふつうに当選してます。決勝とか選択してないからかな。ソフトボール、野球、バスケ男女、ハンドボール女子、水球女子。いくつかはリセールに出すかも。

年金絡みのデモが話題になってますな。デモしてる年寄りを強めに批判してる中年の方とかいるようで。
「逃げ切っているはずの年寄りが、さらに『俺の年金を増やせ』と言うのは怪しからん」という発想なのかもしれませんが、今回の2000万円騒動によって触発された当該デモは「俺に金をよこせ」というものではなく「(今の若者にとっても、いやむしろ若者にとってより大きいはずの)年金制度への不安を無くしてほしい」という趣旨で捉えるほうがいいと考えます。

多様なしがらみによって声をあげなくなっている「若者」に代わり、もう何言ってもいい年寄りが声をあげているという面もあるんじゃないかと。年寄りの一人としてはね。ま、大きなお世話か。

一部の批判が「誰かが何かを言えば、それは皆、自分の金銭的損得に関わることに決まっている」という発想から生まれているようにも見えるのは、批判している方の生き方も透けてきて、なかなかに興味深いものがあります。

それ以外だと、学科会議出席、教授会出席、Webメディア論講義演習、行政広報論講義演習、ゼミナール議論コーディネート、メディアプロジェクト地域魅惑ダベリ、学生インターン調整、学生就職内定先面談調整、院生中間発表相談、池田市出講資料作成。そんなことをゆらゆらやってました。
  1. 2019/06/21(金) 20:58:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

河井孝仁

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search