河井孝仁のシティプロモーション日記とか

富士市で

昨日は学生と共に過ごす時間が長く、充実できた。
研究室ではメディアプロジェクト「地域魅惑」のメンバーに、メディア活用戦略モデルのレクチャと、ワーク。
地域魅惑も、秦野市観光協会と連携した映画「じんじん其の二」メイキング動画作成、タウンニュースと連携した学生が政治を考えるプロジェクト政治の村students、写真を重要なモチーフにしたZINE「HATACHI」制作、Instagramによる地域の人紹介プロジェクト「みわくじん」キックオフでのミス東海フューチャー、神奈川県中井町シティプロモーション支援、神奈川県西市町有志と大磯高校OBさらに富士通が連携して行う地域ポータル作成関与、広告代理店を中心とするクチコミマーケティング研究WOMJメソッド委員会支援とどこどこタスクが広がり、参加学生も徐々に増えるなかで、芯になる学びが不足しているとの現状把握からのレクチャとワーク。
一定の意義はあったかな。

そのワークと並行して、ゼミ学生が、グループで研究してきた「東海大学生による秦野市をフィールドとしたデートプラン提案によるまちの魅力発掘及び訴求」(略称「恋愛班」)を引っさげ、秦野市観光協会を訪問・発表する様子を見守る。
多くの有益な指摘を受けて、彼らも学びになったのではないか。よかった。

今日は富士市へ。まちづくりセンター職員を主な対象としたセミナー及びワーク。
富士市は、私もアドバイザーを務め、ブランドメッセージを提起している。
【ブランドメッセージ】
「いただきへの、はじまり 富士市」
【ボディコピー】
このまちに暮らすと、目線が上がる。
だって、そこには日本一の頂があるから。
このまちに暮らすと、心が広がる。
だって、ここにはどこまでも続く海があるから。
気づけば、いつも恵みの中。
だから、どんな一歩だって踏み出せる。
毎日がはじまり。自分の頂へと歩んでいこう。
で、ブランドメッセージなぞ、作っただけならアホみたいなもの。
富士市はブランドメッセージ提起までに、市民や事業者のさまざまな参画を得つつ、ブランドメッセージを作成するという、とても素敵な共創エンジンを実現してきた。
そのブランドメッセージも、富士市の多彩な魅力を踏まえ、どのようなまちになることができるのか、そこに向けての言葉として、充実したものとなった。
単なる、力みかえった宣言でもなく、ボディコピーに支えられない「どこに向かおうとするのか」意味不明な言葉でもない。吟味されたメッセージだ。
しかし、それでも、ブランドメッセージを作っただけでは、地域参画総量を増やし、まちのソフトインフラを構築し、まちに関わる人々自らの存在意義を裏打ちし、誰がしっくりくるのかというまちの雰囲気を醸成するには圧倒的に力不足だ。
的確なブランドメッセージは、個々の事業や取り組みによって裏打ちさされることで、まちの雰囲気を作りだし、訴求可能なターゲットへの魅力訴求を実現できるようになる。
その意味で、今日のワークは出色だった。鷹岡まちづくりセンター武村さんの力である。
まちづくりセンターが来年度行う事業をブランドメッセージを実現するものとして考えていく。
その際「いただきへの、はじまり」だけでは、方向性は散乱し、どのような事業をつくりあげるべきか、現在の事業をブランドメッセージに沿ってどのように読み直せばいいか、それによってどのようなまちの雰囲気が醸成されるのかはわかりにくい。
しかし、富士市のブランドメッセージはしっかりとボディコピーによって支えられている。
「目線を上げ」「心を広げ」「一歩を踏みだす」そのようにして、「いただきへの、はじまり」は実現できる。で、あれば、それぞれの事業や取り組みが「目線を上げ」「心を広げ」「一歩を踏みだす」ことにどのように貢献できるのかを考えればいい。
武村さんから事例として示された「ママ部!」の活動は、まさに、そのように読み解くことができる。私が吹き出しを注釈し、それを明らかにしたうえで、各センターから「目線を上げ」「心を広げ」「一歩を踏みだす」事業を提起してもらうワークとなった。
防災訓練が、地域発掘ツアーが、三世代交流事業が、写真コンクールが、ふれあい遠足が、ラジオ体操が、「目線を上げ」「心を広げ」「一歩を踏みだす」事業として語られる。どのようにすることで「目線を上げ」「心を広げ」「一歩を踏みだす」事業や取り組みになるのかが説明される。
こうした事業や取り組みが行政直営だけではなく、市民や企業、NPO発意で広範に行われていけば、その時に、富士市の大気、アトモスフィアが「いただきへの、はじまり」をめざすまちとして醸成される。そのアトモスフィアにしっくりくる人々にとってかけがえのないまちになることができる。
そのきっかけとなるワークだったのじゃないか。
参加者や事務局の反応もそうした思いを裏切らないと感じている。
  1. 2017/03/01(水) 23:16:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノードとパスでまちの雰囲気を可視化する

先週末から今日、月曜にかけて、公共コミュニケーション学会理事会@新橋、エディラボ@御茶ノ水、業績評価資料作成@研究室、弁当及び朝食製作@自宅浜松、新たな出版に向けた打合せ@飯田橋、広報誌編集委託先プロポーザル審査@杉並、ヴィクトリア女王御用達ロイヤルロッホナガー@中野サウスパークと、ぼちぼち動く。
あわせて『熊と踊れ』(ルーストルゥンド&トゥインベリ)及び『世界』3月号読了。
その間、折に触れ、考えていたことが「まちの雰囲気を可視化する」ということ。
それぞれのまちに、それぞれの雰囲気がある。
表参道と原宿は違うし、海老名と厚木も違う。高円寺と吉祥寺は違うし、藤沢と平塚ももちろん違う。
これらの雰囲気の違いを可視化し、説明可能にすることで、それぞれのまちの強みや「誰にとってしっくりくるまちか」を明確にする。
これによってまちの強みを伸ばしていく、魅力訴求ターゲットの的確な設定を行っていく、ことが可能になるんじゃないか。
これまで、それぞれのまちのなかに生起しうるそれぞれの物語を掘り出すことで、可視化に向けた作業を行ってきたが、それをもっと発展させる必要がありそうだ。
高円寺で起こりうる物語と、吉祥寺で起こりうる物語は、どのように違うのか。
人、所、事、物、過去というまちの魅力を結び目(ノード)として、それらのノードがどのような距離、頻度、強弱で繋がっているのかいないのかという経路(パス)分析を行うことで、まちの雰囲気が測れるのではないかとか。
まだ、夢想だけどね。

それをどう可視化するか。ネットワーク論で解けないかと。
重層化による地域のありようについての研究を池袋を舞台に学生がやっているので期待
  1. 2017/02/27(月) 23:11:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地域プロモーション・地方創生セミナー

今日はCOREDO日本橋。地域活性化センター主催の地域プロモーション・地方創生セミナー。
なんだか100人超えの聴講者なんだって。
確かにGoogleさんやAP通信が語るからなあ。
河井は前座で埒もない話をしてきました。
とはいえ、そんなこんなで河井の話をはじめて聴く人もそこそこいて、声をかけてくれる方も多くて、それなりに面白いと思ってくれた人もいたみたい。
方法論も大事だけれど、それで地域に関わる人が「自分は意味のある存在だ」と思えるのか。そんなことを考えながら話し、そんなことを考えながら聞いていました。
地域のために人がいるんじゃないから。
セミナーの前後にもらった北上市、杉並区からのメール。私も僅かに関わりながら、確実に進展してきていることが嬉しい。

浜松について
言葉としては浸透してきていると思います。
それだけに終わらせず
「出世のまち」についての学びの機会がさらに増え、
「出世のまち」に伴う活動を支援し、
「出世のまち」を進展させるイノベーションの場を設け、
「出世のまち」を支えるライフスタイルを奨励する、
行政やその他ステークホルダーによる取り組みが求められていくと思います。
それによって、浜松のまちの雰囲気が明らかになり、その雰囲気に惹かれる人々への訴求が可能になると思います。
  1. 2017/02/24(金) 16:06:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

毎日新聞

昨日今日明日と大学。昨日は専ら事務作業、今日は教務委員として卒業判定事務、明日は会議デイでひたすら会議。その後に業績まとめなど。
そんななか、今日は作業終了後に三浦市へ。
神奈川県地域特性別シティプロモーションモデル作成調査の一環。
三浦市は営業開発課という役所らしからぬ名称の部署へ。基本は観光振興ではあるんだが、それを通じて、まちの人々の意欲を高めている様子がよくわかって面白かった。
担当課長の行動力や、「空き」を資源に変える発想力なども凄い。
一方で京急三崎口駅から役所まで乗ったタクシー運転手さんは「めっきり寂れてね」みたいなことを話してる。いつから考えるかのスパンの問題なのか、市民全体としては冷めているのか。
先日、毎日新聞の記者さんに、藤沢駅の甘味処で&TOKYOのロゴについて取材を受けたんだが、昨日の夕刊記事になっていると教えられる。
それほど大したことは言ってない。というか、たくさん書いてくれたけど、やはり切り取られた言葉なので、これだけだと、こと新しくもない当たり前の言葉だなあ。
『シティプロモーションでまちを変える』について言及してくれたのはサービスかな。
  1. 2017/02/22(水) 19:07:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京オープンデータデイ2017

週末。土曜日は袋井市でのワーク。袋井市の持つ魅力を物語として可視化し、そこから袋井市の持つ各班3つの力を言語化する。
これにより袋井市を「語れるまち」にする。
今回のワークには凸版さんが参加した。
凸版の動画は、今年度から来年度にかけて行われる、地域魅力創造サイクルの発散・共有・編集・研磨を動かす「共創エンジン」への市民の参加を元気づける、促す役割を果たすものになった。
新しい発想。私にとっても学びになる。
その前提で、まちの雰囲気を感じてもらうために、凸版の担当者さんたちにワークに参加してもらった。
いい感じ。上記の目的も実現できる上に、ワークに参加している市民にも、プロの力が意義を持っている。
従来、このワークでは3つの力からブランドメッセージ案を提起してもらっていた。
今回は敢えて、そこに到達させず、3つの力を言語化するまでにとどめ、いわばブランドメッセージに向けた動きを開放させることで終えた。
これにより、本年度のワークは、本来のブランドメッセージ作成→シティプロモーションに向けた、改めての地域魅力創造サイクルを、凸版作成の動画を含めた一連キャンペーンにより活性化した共創エンジンのもとで行なう導火線としての位置づけになった。
また、参加された方をコア・パーソンとする経過にもなったとおもう。
なかなか悪くない。
日曜。東京丸の内。東京オープンデータデイ2017に何故かイインチョとして参加。
さまざまな思いが触発されて、なかなか楽しかった。
例えば、まちの「雰囲気」が何によって構成されているかを要素的に構造的に明らかにした上で、その要素や構造をオープンデータを含めたデータとして提示し、組み合わせることで「雰囲気」の可視化が可能になるアプリとか作れないかなあとか。
どんな暮らしをしたいのかという意欲とのマッチングをすることでシティプロモーションにも繋げる。
多くのアイデアが提示されたなかで、まちと交流者をマッチングし、それぞれの感謝を可視化するアプリ提案がグランプリ。
まだまだ鍛えられる内容で興味が持てた。
グランプリを受賞したグループの起案者は吉本 明平さん。2年連続のグランプリ!
  1. 2017/02/20(月) 19:04:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

河井孝仁

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search